「徳川秀忠」の版間の差分

タグ: 差し戻し済み
タグ: 差し戻し済み
慶長19年の方広寺鐘銘事件では家康へ頻繁に近臣を派遣して連絡を密にしており、秀忠も家康と同様に豊臣家に対して怒りを示している。その後、勃発した[[大坂の陣#大坂冬の陣|大坂冬の陣]]では出陣しようとする家康へ利勝を派遣して、自分が出陣するので家康は関東の留守を預かることを要請している。これに要請を家康は容れずに、自身がまず上洛して情勢を確認して問題なければ処置をして帰国するが、もし豊臣方が籠城等を行うなら秀忠の名で攻め滅ぼすので兵を派遣して欲しいと求めたのに対して、使者の利勝がその際は秀忠が兵を率いて上洛すると提案して容れられている。
 
10月23日、江戸を出陣した秀忠は行軍を急ぎ、家康より数度徐行を求められるが応じず、11月7日に近江国永原(滋賀県野洲市永原)に到着すると、後軍が追い着くまで数日逗留している。11月11日に二条城で家康に面会した秀忠は、自身の到着まで出陣しなかったことに感謝の念を示した。その後の城攻めでは総大将とし度々家康の陣所に出向いめの方針を定めている。12月4日の[[真田丸の戦い]]翌日には、家康の和議方針に異を唱えて総攻撃を主張するもしたが容れられず、「奇怪」と強い不満を示して本多正信に諌められた。12日には家康と共に各所の陣場を巡検したが、この際に大坂城中より多数の鉄砲が放たれた。また講話和議締結、25日に家康が京へ帰った後は大阪城堀埋め立ての現場指揮を行った。慶長20年([[1615年]])のわゆる「夏の陣」では豊臣家重臣・[[大野治房]]によっ、埋め立本陣を脅かされが概ね完了し。豊臣家滅亡後、家康ととも翌年1月19日[[武家諸法度]]・[[禁中並公家諸法度]]などの制定につとめ伏見へ帰った。
 
慶長20年([[1615年]])のいわゆる「夏の陣」では豊臣家重臣・[[大野治房]]によって本陣を脅かされた。豊臣家滅亡後、家康とともに[[武家諸法度]]・[[禁中並公家諸法度]]などの制定につとめた。
 
[[元和 (日本)|元和]]2年([[1616年]])1月21日夜に家康が発病した際には、使者が12時間で江戸へ報を伝えている。秀忠は2月1日に江戸を発して翌日に駿府へ到着、以後は4月17日の家康死去まで駿府に滞在して父の死を看取り、22日に葬られた久能山に参拝後、24日に江戸へ帰った。また家康の後を追うように正信も6月に亡くなっている。