「新青梅街道」の版間の差分

起点(大江戸線[[落合南長崎駅]]、[[中井駅]]北方)から[[久米川駅]]まで[[西武新宿線]]と並行し、この区間では東京都心部と[[西武鉄道]]沿線(新宿線のみならず交差道路を介して[[西武池袋線|池袋線]]も)を連絡する役割を持つ。
 
起点の西落合一丁目交差点で、[[九段下]]、JR[[目白駅]]方面から西行してきた[[東京都道8号|目白通り]]が西北西方向に斜め右折し、直進方向が本街道となる。その後、緩やかな屈曲を繰り返しながら更に西へ進行し、[[環七通り]]の[[丸山陸橋]]と交差すると線形はほぼ直線となる。更に西の井草三丁目交差点では[[環八通り]]が[[井荻トンネル]]として地下を南北に通過する。六差路の富士町交差点では[[東京都道8号|富士街道]]と交差し、[[西東京市]]の北原交差点からは[[青梅街道]]([[所沢街道]])を引き継ぐように片側2車線に広がる。
 
東村山市から東大和市にかけては[[萩山駅]]近辺で西武鉄道の線路が密集している場所を避けるルートを取る。その後東大和市内の奈良橋庚申塚交差点で都道5号旧道(青梅街道)と交差し、ここから新青梅街道が青梅街道より南を通る。青梅街道は旧来の屈曲が多いコースを取るが、新青梅街道は幾度かのカーブを経ながらも直線区間が長く続く。