「下エジプト」の版間の差分

m
破れ→敗れ
m (ウィキ文法修正: 間違った画像オプション サイズの単位をpxに修正する:"150xp" lintId=3502202)
m (破れ→敗れ)
エジプトに興った文明は、紀元前3500年ごろに上エジプトと下エジプトの二つの王朝にまとまり、紀元前3150年ごろに上エジプトのナルメル王が下エジプトの{{仮リンク|ブト (古代エジプト)|en|Buto|label=ブト}}などの都市を押さえてエジプト最古の統一王朝である[[エジプト第1王朝]]を建設した。第一王朝以降、王都は下エジプト最南部に当たり、上下エジプトの接点となる[[メンフィス (エジプト)|メンフィス]]に置かれた。下エジプトの主神は[[ウアジェト]]、王冠は赤色、植物は[[パピルス]]が象徴とされた<ref>「古代エジプトを知る事典」p20 東京堂出版 2005年4月5日初版 吉村作治編著</ref>。
 
[[エジプト第1中間期]]には下エジプトはメンフィスの王朝の下に統一されていたが、やがて上エジプトのテーベの王朝にれ征服された。
 
[[エジプト第2中間期]]には、下エジプトはアヴァリスを都とした[[ヒクソス]]のエジプト第15王朝の支配下に置かれたが、やがて上エジプトの第17王朝の前に敗れ去った。