「巡査部長」の版間の差分

注釈化
(注釈化)
巡査部長の階級は[[警察法]]第62条に規定され、[[警視総監]]、[[警視監]]、[[警視長]]、[[警視正]]、[[警視]]、[[警部]]、[[警部補]]に次ぐ第8位に位し、警部、警部補などの上司の補佐、新任者等の指導など、実働の中核として実践的な職務に従事する。「[[刑事訴訟法]]第百八十九条第一項および第百九十九条第二項の規定に基づく司法警察員等の指定に関する規則(昭和29年7月1日[[国家公安委員会]][[規則]]第5号)」またはこれに準じて制定されている都道府県公安委員会規則により巡査部長以上の階級が[[司法警察員]]とされる。
 
あくまでも巡査部長というのは'''「階級名」'''であり、「巡査部の部長」という役職名ではない<ref group="注釈">警察に「巡査部」という部署は無い</ref>。警察には各都道府県警察本部に[[刑事部|刑事部長]]、[[交通部|交通部長]]などの部長職が存在するが、こちらは主に警視監から警視正が就任する上級幹部職であり、最下級から二番目に位置する巡査部長とは全く異なる。[[二人称]]的呼称としては、階級名を省略して「[[部長]]」と呼ぶことがある。[[刑事]]警察官であればドラマのタイトルにもなった「[[部長刑事]]」とも呼ばれる<ref>[https://kotobank.jp/word/部長刑事-684750 ぶちょうけいじ〔ブチヨウケイジ〕 デジタル大辞泉]</ref>。
 
全警察官の約30%の90000人が巡査部長である。
都道府県採用警察官は、[[巡査]]を命じられ、そこから2 - 4年(最終学歴によって異なる)務めると昇任試験受験資格を得る。制帽は巡査と変わりはないが、制服(冬服および合服上衣)の両袖には銀色の斜め一本線の袖章が入る。
 
警察組織の初級幹部であり、[[司法警察員]]に任じられる。巡査部長昇任試験は倍率20倍を超える難関であり<ref>[[黒木昭雄]] 警察の世界の「お約束」 ([[青春出版社]] 2007年) p.62</ref>、[[日本国憲法|憲法]]や[[刑法 (日本)|刑法]]などの[[法学]]、警察実務、社会常識にまつわる択一式の筆記試験のほか、[[論文]]、[[面接]]、[[逮捕術]]などの実技試験で構成され、出題内容はどの部署に所属しているかによって変わるわけではないため、警察官としての幅広い知識が問われる<ref>[https://shingakunet.com/bunnya/w0001/x0003/career/ 警察官のキャリアパス] スタディサプリ進路</ref>。なお、[[語学]]・[[簿記]]・[[コンピュータ]]などの専門技能保持により採用される「専門捜査官」も、本級にて採用する都道府県がある。
 
== 役職 ==
 
; フランス
: 軍隊および国家憲兵と横並びの階級体系を持ち、3階級存在する。()内は陸軍および憲兵隊の対応階級。下から巡査部長 Brigadier de police(adjutant [[准尉]]<ref group="注釈">英国の2等准尉 米国の上級曹長に該当する</ref> OR8), 主任巡査部長 brigadier chef de police(adjutant chef 上級准尉 OR9), 上級巡査部長 major de police(major 准尉長<ref group="注釈">英国の1等准尉 米国のCSM 最先任上級曹長に該当する</ref> OR9)
:{{Main|フランス国家警察#階級}}
; イギリス
 
== 脚注 ==
===注釈===
{{Notelist}}
===出典===
{{Reflist}}