「高木正成」の版間の差分

m
セクションリンク切れの修正
編集の要約なし
m (セクションリンク切れの修正)
初代藩主・[[高木正次]]の長男として[[近江国]]にて誕生。母は[[大久保忠佐]]の養女。幼名は善次郎。
 
[[慶長]]3年([[1598年]])より[[徳川氏]]に仕え、慶長5年([[1600年]])の[[上田合戦#第二次上田合戦|第二次上田合戦]]では父と共に[[真田昌幸]]を攻めた。慶長19年([[1614年]])、[[大坂の陣#大坂冬の陣|大坂冬の陣]]に従軍して戦功を挙げ、[[上総国]]内に1000石を与えられた。翌年の[[大坂の陣#大夏の陣|大坂夏の陣]]においても天王寺口で戦い、戦傷を負いながらも武功を挙げたため、さらに1000石を加増された。[[寛永]]7年([[1630年]])、父の死去により跡を継ぐ。このとき、先の2000石を長男・[[高木正弘|正弘]]と次男・[[高木正好|正好]]に分与している。
 
[[小田原城]]守衛や御書院番頭などを務めたことから上総国内に3000石を加増され、後に[[番頭#江戸幕府の番頭|大番頭]]にもなった。寛永12年([[1635年]])3月11日、49歳で死去し、跡を長男・正弘が継いだ。
100,476

回編集