「方城炭鉱」の版間の差分

 
==開鉱==
[[筑豊炭田]]の三菱合資会社、後の[[三菱鉱業]](現在の[[三菱マテリアル]])は、[[1896年]]([[明治]]29年)に炭層調査を開始し、1902年(明治35年)当時辺鄙な農村地帯であった田川郡方城村で縦坑建設に着手<ref name=fukuchi200712>{{Cite web |author= |date=2007-12 |url=http://www.town.fukuchi.lg.jp/material/files/group/6/071201.pdf |format=PDF|title= 轟音 爆裂の波動 |page=4-5|work=広報ふくち |publisher=福智町 |accessdate=2017-11-16}}</ref>。三菱方城炭鉱は、[[1908年]](明治41年)第二坑を完工し同社主力鉱として開鉱した<ref name=fukuchi200712/>。[[1910年]](明治43年)第一坑が完成<ref name=fukuchi200712/>。当時最新式の直下型縦坑方式を採用し、[[昇降機]]で縦坑を深さ270メートルまで降りたあと、横向きの[[坑道]]に入る構造であった。炭鉱は1908年(明治41年)に12万トン、5年後の[[1913年]](大正2年)には26万トンを出炭し、急激に躍進をとげてゆく。鉱山には赤レンガの[[煙突]]や昇降機用の21メートルの巨大な[[鉄塔]]がそびえたち、炭都[[筑豊]]の新しい名所となった。のどかだった方城村も様相を変え、労働者と家族が暮らす炭鉱[[長屋]]が立ち並び、最寄りの[[金田駅]]前には盛り場や[[映画館]]もでき好景気に沸く炭鉱町となった。
 
==方城大非常==
匿名利用者