「暗峠」の版間の差分

m (links)
[[ファイル:暗峠 最大斜度地点.jpg|thumb|right|300px|峠に続く国道308号線大阪側の最急勾配31%の場所。]]
暗峠越えの峠道は国道([[国道308号]])に指定されているとはいえ、一部は自動車1台が何とか通行できる程度に道幅は狭く、頂上付近では民家の軒先をかすめながら通行する箇所も存在する。大阪側ではきつい所で最大傾斜勾配31%<ref name="nikkei140215">{{Cite web |date=2014-02-15 |url=http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB3009F_S4A210C1000000/ |title=ベタ踏み坂より急 酷道308号、東大阪・暗峠をゆく |publisher=日本経済新聞 電子版 |accessdate=2015-07-17}}</ref>の急勾配がS字カーブになっており、慣れない者が走行すると登りきることができず立ち往生するほどともいわれる{{sfn|佐藤健太郎|2014|p=150|ps=、「最も急な坂」より。}}。[[ヤマハ・PAS|ヤマハ電動アシスト自転車PAS]]激坂チャレンジNo.1[https://www.yamaha-motor.co.jp/pas/recommend/gekizaka/0001.html]によると、最も急な斜面の傾斜計での簡易測定では、傾斜角度26度 (勾配48.7%) であった<ref group="注釈" name=slope>通常、急斜面の坂道のある道路では、[[蛇行]]を入れた[[つづら折り]]となる。[[道路構造令#制動停止視距・追越視距|視距]]の確保や[[内輪差]]の影響が考慮されてカーブ(曲線部)では道路が拡幅されることもある。このため、2点間を直線道路とみなした高低差から求められる[[勾配]]は、カーブの坂道は直線の坂道よりも小さくなる傾向がある。一方で、斜度(傾斜角度)は任意の2点間の高低差から求めるので、カーブの内側は距離が必然的に短くなり斜度を測ると勾配よりも大きくなる。道交法により[[路側帯]]側を走らなければならない交通手段によっては、一般車両よりも昇降は酷であることを留意しなければならない。</ref>。
 
大阪側からの場合、[[自然吸気エンジン]]の[[軽自動車]]や[[原動機付自転車|原付一種]]での走行は坂を登り切る程の出力が無いため、一部の高出力車種を除いて走破は基本的に不可能である。
 
写真のとおり峠のすぐ東側を[[信貴生駒スカイライン]]が通っているが、付近に出入口が無いため直接暗峠にアクセスすることはできない。
匿名利用者