「TC-2 (ミサイル)」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
== 開発経緯 ==
「天剣2型」の開発は、「経国」戦闘機の開発と時を同じくして開始された。米中国交回復に伴って[[アメリカ合衆国|アメリカ]]が台湾に対する「攻撃兵器」の供与を制限するとの米中合意を受けて、アメリカの台湾に対する兵器システム移転が大きく制限される可能性が高まっていた。これを受けて、台湾では[[1970年代]]後半から、兵器自給体制の確立を目指した各種の政策が実施に移されることになった。アメリカも直接の武器輸出は制限する代わりに、各企業による技術支援という形で台湾の兵器国産化に協力することとなった。「天剣2型」の開発においても、アメリカ企業の技術支援があったことが推測される。
 
兵器国産化の中心プロジェクトの1つとなったのが、国産戦闘機[[F-CK-1 (航空機)|F-CK-1]]IDF(後の「経国」)であった。IDFの兵装も自主開発されることになり、中距離空対空ミサイル「天剣2型」と近距離空対空ミサイル「[[TC-1 (ミサイル)|天剣1型]]」の2つの空対空ミサイルが開発されることが決定された。
「天剣2型」は[[1994年]]7月に、初の空中投下試験を完了、同年から生産が開始され、[[1996年]]に部隊配備が開始された。「天剣2型」は翌年までの間に800時間に及ぶ飛行試験を受け、[[1997年]]7月には品質証明が与えられた。
 
「天剣2型」の外観は、[[スパロー (ミサイル)|AIM-7「スパロー」]]や[[AIM-120 (ミサイル)|AIM-120「AMRAAM」]]などとよく似ている。ミサイル中央部と尾部にそれぞれ4枚の翼端切り落としデルタの小翼を有している。中部の小翼は固定式で後ろが、尾部の可動式フィンがミサイルの機動制御を行い、近接信管により作動する。
 
「天剣2型」の誘導方式は、中間誘導が慣性航法方式、終末段階は[[電波ホーミング誘導#アクティブ方式|アクティブ・レーダー誘導]]方式を採用している。アクティブ・レーダー誘導方式を採用したことにより、「天剣2型」はミサイルの打ちっぱなしが可能となった。アメリカ、ロシア、フランスに続き、台湾は世界で4番目、[[東アジア]]諸国では最初に[[ファイア・アンド・フォーゲット|撃ちっ放し能力]](Fire-and-forget)のある空対空ミサイルを国産化することに成功した。「天剣2型」の射程距離は、公式には明らかにされていないが、推測では60km前後と見られており、より射程の長い改良型が登場する可能性も指摘されている。
 
「経国」戦闘機は、胴体中心軸の専用ハードポイントに「天剣2型」を2発搭載する。現在開発中の「経国」のアップグレード型F-CK-1C/D「経国雄鷹」では「天剣2型」を主翼にも搭載出来できるようにして搭載数を4発に増やすことになっている。
 
[[艦対空ミサイル]]型([[康定級フリゲート]]へ搭載予定)についても研究されていたが、開発に失敗して白紙となった。