「オリンピック・レガシー」の版間の差分

→‎無形のレガシー: +成熟国家では
(→‎無形のレガシー: +成熟国家では)
 
== 無形のレガシー ==
[[発展途上国]]におけるレガシーは道路や鉄道などのハード面が中心となるが、[[先進国|成熟国家]]ではハードだけでなくソフトのレガシーを創出し継承することが求められる<ref>{{cite journal|author=武藤敏郎|authorlink=武藤敏郎|date=2016-07|url=https://www.projectdesign.jp/201607/ningen/003050.php|title=2020年後に残す 次代への「無形のレガシー」|journal=月刊事業構想}}</ref>。
有形のレガシーは定量的な分析がよく行われているのと比較して、無形のレガシーは捉えることが困難であるため研究が不十分である{{Sfn|間野義之|2013|pp=42-43}}。無形のレガシーの測定の重要性を謳う研究者は多く、取り組みが求められる{{Sfn|間野義之|2013|pp=49-50}}。
 
有形のレガシーは定量的な分析がよく行われているのと比較して、無形のレガシーは捉えることが困難であるため研究が不十分であ{{Sfn|間野義之|2013|pp=42-43}}。無形のレガシー、その測定の重要性を謳う主張する研究者は多く、取り組みが求められる{{Sfn|間野義之|2013|pp=49-50}}。
 
== 負のレガシー ==