「オリンピック・レガシー」の版間の差分

→‎無形のレガシー: 無形のレガシー
(→‎無形のレガシー: +成熟国家では)
(→‎無形のレガシー: 無形のレガシー)
[[File:Píer Mauá.jpg|thumb|300px|[[2014 FIFAワールドカップ|2014年サッカーワールドカップ]]と[[2016年リオデジャネイロオリンピック|2016年オリンピック]]に向けて再開発されたリオデジャネイロの港湾地区。[[VLT]](左)は2016年開業。]]
'''オリンピック・レガシー'''({{lang-en-short|Olympic legacy}})とは、[[オリンピック]]開催後に残る有形無形のもの<ref name="iso">{{citation|url=https://www.iso.org/obp/ui/#iso:std:iso:20121:ed-1:v1:en|title=ISO 20121:2012, Event sustainability management systems – Requirements with guidance for use|publisher=[[国際標準化機構]]}}</ref>。オリンピックのような大規模な競技大会は開催地に長期的な影響をもたらす。特に2000年代以降、重視されるようになった概念である
 
== 無形のレガシー ==
レガシーには[[道路]]や[[鉄道]]、競技施設など有形のもの(ハード面)だけでなく、大会の結果として会得された新しい知見やシステム、関係などの無形のものも含まれる<ref name="iso"/>。[[発展途上国]]におけるレガシーは道路や鉄道などのハード面が中心となるが、[[先進国|成熟国家]]ではハードだけでなくソフトのレガシーを創出し継承することが求められる<ref>{{cite journal|author=武藤敏郎|authorlink=武藤敏郎|date=2016-07|url=https://www.projectdesign.jp/201607/ningen/003050.php|title=2020年後に残す 次代への「無形のレガシー」|journal=月刊事業構想}}</ref>。
 
有形のレガシーは定量的な分析がよく行われているのと比較して、無形のレガシーは捉えることが困難であるため研究が不十分であり{{Sfn|間野義之|2013|pp=42-43}}、その測定の重要性を主張する研究者は多い{{Sfn|間野義之|2013|pp=49-50}}。
 
== 分野 ==
レガシーの概念は多様化しており、研究者によっても様々な分類がなされている{{Sfn|間野義之|2013|pp=41-42}}。レガシーは分野横断的でもあるため、評価の包括的な枠組みを構築することは難しい{{Sfn|間野義之|2013|pp=42-43}}。[[IOC]]は2013年に、オリンピック・レガシーとして以下の5つの分野をあげている<ref>{{PDFlink|[http://www.sportanddev.org/downloads/olympic_legacy_booklet.pdf Olympic legacy booklet]}} - IOC</ref>。
#[[スポーツ]]・レガシー:Sporting venues(競技施設)、A boost to sport(スポーツの振興)
#[[ソーシャル・キャピタル|社会レガシー]]:A place in the world(世界の地域)、Excellence, friendship and respect(友好と尊崇)、Inclusion and Cooperation(包括と協力)