「ヤナ・クニツカヤ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
編集の要約なし
タグ: Refタグつき記述の除去
|birth={{生年月日と年齢|1989|11|11}}
|died=
|place={{SSR}}<br />[[ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国]][[ムルマンスク州]][[ムルマンスク]]
|team=パトリオット・チーム<br />→[[ジャクソンズ・サブミッション・ファイティング|ジャクソンズMMA]]<br />→[[アメリカン・トップチーム]]
|cm=173cm
|kg=61kg
|reach=174cm
|weight=[[フェザー級]]<br />→[[バンタム級]]
|style=[[テコンドー]]<br />[[ムエタイ]]
|theme=
|}}
== 来歴 ==
[[ソビエト連邦]][[ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国]][[ムルマンスク州]][[ムルマンスク]]に、プロスキー選手の父親とプロ体操選手の母親の娘として生また。幼少の頃からテコンドーを習い、12歳で[[近接格闘術]]、16歳でボクシング、18歳から総合格闘技を始めた。
 
=== Bushido FC ===
2011年11月19日、[[リトアニア・ブシドー協会|Bushido FC]]女子無差別級タイトルマッチ<ref>[https://wmmatoday.wordpress.com/2011/11/15/yana-kunitskaya-arune-lauzeckaite1/ Yana Kunitskaya defends title against Arune Lauzeckaite at Bushido FC] Women's MMA Today 2011年11月15日</ref>でアルーヌ・ローゼッカイトと対戦、マウントパンチでTKO勝ちを収め王座防衛に成功した<ref>[https://wombatsports.wordpress.com/2011/11/23/post-fight-interview-with-bushido-champ-yana-kunitskaya/ Post-Fight Interview with Bushido Champ Yana Kunitskaya] Wombat Sports 2011年11月23日</ref>。
 
=== Invicta FC ===
 
==== Invicta王座獲得 ====
[[2017年]]8月31日、エヴァンジャーが返上したInvicta FC世界バンタム級王座決定戦でラケル・パルーヒと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。その後、自分も王座返上した。
 
=== UFC ===