「サンネ・ファンデイケ」の版間の差分

編集の要約なし
{{MedalCountry|{{NED}}}}
{{MedalSport|女子 [[柔道]]}}
{{MedalCompetition|[[オリンピックの柔道競技|オリンピック]]}}
{{MedalBronze|[[2020年東京オリンピックの柔道競技|2021 東京]]|70kg級}}
{{MedalCompetition|[[世界柔道選手権大会|世界選手権]]}}
{{MedalBronze|[[2021年世界柔道選手権大会|2021 ブダペスト]]|70kg級}}
 
==人物==
2011年の[[ユースオリンピック|ヨーロッパユースオリンピックフェスティバル]]70kg級で3位になったが、[[世界カデ柔道選手権大会|世界カデ]]では7位だった<ref name="judobase"/>。2014年の[[ヨーロッパジュニア柔道選手権大会|ヨーロッパジュニア]]で優勝するも、[[2014年世界ジュニア柔道選手権大会|世界ジュニア]]では7位に終わった<ref name="judobase"/>。2015年のヨーロッパジュニアで2位になると、[[2015年世界ジュニア柔道選手権大会|世界ジュニア]]でも5位だったが、団体戦では3位に入った<ref name="judobase"/>。2017年には[[グランドスラム・パリ]]で3位になると、[[ヨーロッパ柔道選手権大会|ヨーロッパ選手権]]と[[グランドスラム・エカテリンブルグ2017|グランドスラム・エカテリンブルグ]]では優勝を飾った<ref name="judobase"/><ref>[http://www.omroepbrabant.nl/?news/264017732/Judoka+Sanne+van+Dijke+pakt+goud+bij+debuut+op+Europees+kampioenschap.aspx Judoka Sanne van Dijke pakt goud bij debuut op Europees kampioenschap]</ref>。2018年には[[グランドスラム・デュッセルドルフ2018|グランドスラム・デュッセルドルフ]]と[[ワールドマスターズ2018|ワールドマスターズ]]で3位に入った<ref name="judobase"/>。2019年の[[ワールドマスターズ2019|ワールドマスターズ]]では決勝で同僚の[[キム・ポリング]]に敗れて2位だった<ref>[http://www.ippon.org/masters2019.php World Masters Qingdao 2019]</ref>。2021年のヨーロッパ選手権では優勝した<ref name="judobase"/>。結果として、国内のライバルであるポリングより評価されて、[[2020年東京オリンピックの柔道競技|東京オリンピック]]代表に選ばれた<ref>[https://www.judoinside.com/news/4492/Sanne_van_Dijke_nominated_for_Tokyo_Olympic_Games Sanne van Dijke nominated for Tokyo Olympic Games]</ref>。[[2021年世界柔道選手権大会|世界選手権]]では準決勝で[[大野陽子]]に逆転負けするも3位になった<ref>[http://www.ippon.org/wc_sen2021.php World Judo Championships Hungary 2021]</ref>。7月に[[日本武道館]]で開催された[[2020年東京オリンピックの柔道競技|東京オリンピック]]では準決勝でオーストリアの[[ミヒャエラ・ポレレス]]に敗れるも3位になった<ref>[https://www.ijf.org/competition/2035 Olympic Games Tokyo 2020]</ref>。
 
[[IJF]]世界ランキングは5041ポイント獲得で3位(21/46/1928現在)<ref>[https://www.ijf.org/wrl World ranking list]</ref>。
 
==主な戦績==
*[[2021年]] - ヨーロッパ選手権 優勝
*[[2021年]] - [[2021年世界柔道選手権大会|世界選手権]] 3位
*[[2021年]] - [[2020年東京オリンピックの柔道競技|東京オリンピック]] 3位
(出典<ref name="judobase"/>、[[JudoInside.com]])。