「NMRパイプテクター」の版間の差分

WP:NPOVに触れかねない文章を偏向的な言葉を含まないかつより事実に近い文章にする
(WP:NPOVに触れかねない文章を偏向的な言葉を含まないかつより事実に近い文章にする)
 
さらに、「閉塞率」が悪化したケースであっても、詳細な追加調査は行われず、推測が記載されるのみである<ref>{{Cite web |url=https://nmr.nazomizu.com/skeptical/noeffect |title=効果なし報告 |accessdate=2021-07-01 |website=理科の探検サイトの削除問題}}</ref>。
 
水中の鉄分値で赤錆防止効果を測定する方法:本商品の設置前と設置後の採水を行い、公的検査機関による水中の鉄分値(赤錆量)の減少で確認。空調冷温水配管で主にこの測定が実施されている<ref>https://www.jspkk.co.jp/jp/media/paper/20180321_ktimes.html</ref>。
 
== 日本システム企画 ==
空調・冷熱業界の専門紙である「空調タイムス」では、2018年5月30日、北海道の友愛記念病院でNMRパイプテクターの導入により配管修繕費の大幅削減と配管更生に成功した件が報じられた<ref>{{Cite web |url=https://ac-times.com/goods_s.php?mm_id=ac-times&u_num=5158&target=t&size=L |title=2018年5月30日 |publisher=空調タイムス |accessdate=2021-07-18}}</ref><ref>{{Cite web |url=https://www.jspkk.co.jp/jp/media/paper/20180530_ktimes.html |title=「空調タイムス」2018年5月30日第2730号|publisher=日本システム企画 |accessdate=2021-07-28}}</ref>。
 
{{どこ範囲|多くの病院、ホテル|date=2021年7月28日 (水) 03:46 (UTC)}}が空調冷温水配管で本商品NMRパイプテクターを使用している<ref>{{Cite web |url=https://www.jspkk.co.jp/jp/media/paper/20180530_ktimes.html |title=「空調タイムス」2018年5月30日第2730号|publisher=日本システム企画 |accessdate=2021-07-28}}</ref><ref>{{Cite web |url=https://www.jspkk.co.jp/jp/media/paper/20180321_ktimes.html |title=「空調タイムス」2018年3月21日第2721号|publisher=日本システム企画 |accessdate=2021-07-28}}</ref><ref>{{Cite web |url=https://www.jspkk.co.jp/jp/media/paper/20180822_ktimes.html |title=「空調タイムス」2018年8月22日第2741号|publisher=日本システム企画 |accessdate=2021-07-28}}</ref><ref>{{Cite web |url=https://www.jspkk.co.jp/jp/media/paper/20090325_ktimes/ |title=「空調タイムス」2009年3月25日第2299号|publisher=日本システム企画 |accessdate=2021-07-28}}</ref>。
 
また、2018年3月21日号では、[[熊本赤十字病院]]における水中の鉄分値 (「赤錆量」) が測定された結果、鉄分値が減少したことが報道されている<ref>https://www.jspkk.co.jp/jp/media/paper/20180321_ktimes.html</ref>。
 
== 問題 ==