「曇り止め」の版間の差分

→‎top: +画像
(→‎top: +画像)
タグ: メディア追加
[[File:Condensation in glass door in a store fridge.jpg|thumb|ガラスの結露による曇り]]
'''曇り止め'''(くもりどめ)または'''防曇'''(ぼうどん)とは、ある表面が[[結露]]による細かな[[水滴]]で[[霧]]のようになる(曇る)のを防ぐこと。また、曇りを防ぐ化学物質も曇り止め、あるいは'''防曇剤'''(ぼうどんざい)と称する。防曇処理は[[ジェミニ計画]]の中で[[アメリカ航空宇宙局|NASA]]によって最初に開発され、現在では[[眼鏡]]、[[ゴーグル]]、[[写真レンズ|カメラレンズ]]、[[双眼鏡]]の[[レンズ]]や[[鏡|ミラー]]など、[[光学]]製品で使用される透明な[[ガラス]]や[[合成樹脂|プラスチック]]の表面に用いられることが多い。防曇処理は[[表面張力]]を最小化させて[[濡れ]]具合を変化させ、[[水]]を水滴状ではなく[[光散乱]]しない[[薄膜|水膜状]]にする。通常、[[界面活性剤]]の塗布や[[親水性]]の表面の形成によって曇りを防いでいる。
'''曇り止め'''(くもりどめ)または'''防曇'''(ぼうどん)とは、ある表面が[[結露]]による細かな[[水滴]]で[[霧]]のようになる(曇る)のを防ぐ機能。また、曇りを防ぐ化学物質も曇り止め、あるいは'''防曇剤'''(ぼうどんざい)という。
 
近代的な防曇剤は[[ジェミニ計画]]の中で[[アメリカ航空宇宙局|NASA]]によって最初に開発され、現在では車両、浴室などに用いられる[[ガラス]]や[[合成樹脂|プラスチック]]類、[[眼鏡]]、[[ゴーグル]]、[[写真レンズ|カメラレンズ]]や[[鏡|ミラー]]など[[光学]]製品で使用される透明材料や反射材料の表面に活用されている。防曇技術の一例として、[[界面活性剤]]の塗布や[[親水性]]の表面の形成によって[[表面張力]]を最小化させて[[濡れ]]具合を変化させ、[[水]]を水滴状ではなく[[光散乱]]しない[[薄膜|水膜状]]にするなどの処理がある。
 
== 開発 ==