「電話リレーサービス」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
サービスを利用する際には、まずオペレーターに連絡先とその電話番号を伝え、オペレーターはその連絡先にオペレーターであることを名乗った上で電話をし利用者と連絡先を繋ぐ。利用者は手話や[[チャット]]でオペレーターに連絡先への用件を伝えて、それをオペレーターが翻訳し連絡先に伝える。また、連絡先からの情報はオペレーターが手話やチャットの形で利用者に伝えることで電話の利用を容易にしている<ref>{{Cite web|author= |url=https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/telephonerelay/index.html|title=電話リレーサービス|publisher=[[総務省]]|accessdate=2021-04-04}}</ref>。
 
[[2020年]]までに世界25か国以上でサービスが提供されており<ref>{{Cite web|url=https://www.infogapbuster.org/trs|title=電話リレーサービスとは?|publisher=NPO法人Information Gap Buster|quote=2020年までは、世界では  25ヶ国以上で、既に公的サービス化しているのに、‥|accessdate=2021-04-04}}</ref>、日本では[[2013年]]から[[日本財団]]がサービスのモデルプロジェクトを行なっていたが、[[2020年]][[6月5日]]に「[[聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律]]」が可決・成立となり、同年[[12月1日]]から施行されたのを経て、[[2021年]][[7月1日]]より日本財団の関連法人である'''一般財団法人日本財団電話リレーサービス'''が提供する公的サービスとして運用が開始された<ref name="日本財団">{{Cite web|author= |url= https://www.nippon-foundation.or.jp/what/projects/telephone_relay|title=電話リレーサービス|publisher=[[日本財団]]|accessdate=2021-04-04}}</ref><ref name=総務パンフ>{{Cite web|url=https://www.soumu.go.jp/main_content/000743855.pdf|title=きこえない人ときこえる人を「電話」でつなぐ電話リレーサービス(リーフレット)|publisher=[[総務省]]|format=PDF|accessdate=2021-04-04}}</ref>。
 
==日本での運用==
匿名利用者