「章徳竇皇后」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
|空欄記載2 = 竇貴人
}}
'''竇皇后'''(とうこうごう、? - [[97年]])は、[[後漢]]の[[章帝 (漢)|章帝]]の[[皇后]]。[[諡]]は徳で、諡号としては夫の諡を重ねて'''章徳皇后'''(しょうとくこうごう)。[[右扶風|扶風]]平陵県(現在の[[陝西省]][[咸陽市]][[秦都区]])の人。兄は[[竇憲]]。
 
== 生涯 ==
竇勛と沘陽公主(父は東海王[[劉彊]]の娘のあいだの長女として生まれた。幼い頃に人相見が竇氏を見て「大変高貴な身分に昇るだろう」と言った。美貌の持ち主で、書道に優れていたため、親戚たちは驚いたという。
 
[[建初 (漢)|建初]]2年([[77年]])、妹とともに宮中に参内した。章帝と[[明徳馬皇后|馬太后]]から好印象を持たれたため、章帝の後宮に入った。翌年3月に皇后に立てられた。妹も貴人となった。
匿名利用者