「テトラコルド」の版間の差分

読点を正しく挿入したのみ。
m (画像キャプションを日本語に変更)
(読点を正しく挿入したのみ。)
'''テトラコルド'''(もしくはTetrachord「テトラコード」,古代[[ギリシア語]]の{{lang|el|τετράχορδον}}(テトラコルドン)より。「4つの弦」の意)は、音楽理論において、4つの音による音列を指す用語である。
 
[[古代ギリシア]]の音楽理論では、[[完全四度]]の[[音程]]を3つの音程で区切ることで得られるテトラコルドが音組織の基礎であり、音程の構成から、ディアトノン、クローマティコン、エンハルモニオンの3つの種類が有った。ディアトノンのテトラコルドは、上の2つの[[全音]]とその下の1つの[[半音]]の音程で構成されており、同様にクローマティコンは上の[[短三度]]と下の2つの半音、エンハルモニオンは上の[[長三度]]と下の半音よりも狭い2つの音程から成っていた。現在の[[全音階]]はディアトノンのテトラコルドに由来している。
[[File:Tetrachords.png|thumb|古代ギリシアのテトラコルド]]
 
匿名利用者