「利用者:Water & RAINBOW/下書き4-1 小柳ゆき シングル」の版間の差分

Water & RAINBOW (会話) による ID:84837058 の版を取り消し
(Water & RAINBOW (会話) による ID:84837058 の版を取り消し)
 
#[[User:Water & RAINBOW/下書き21 EXILE TAKAHIRO]]<br/>
}}
 
== 各ゲート ==
:: 1.[[User:Water & RAINBOW/下書き4-1.1 小柳ゆき シングル 2000年代]]
:: 2.[[User:Water & RAINBOW/下書き4-1.2 小柳ゆき シングル 2010年代]]
:: 3.[[User:Water & RAINBOW/下書き4-1.3 小柳ゆき シングル 2020年代]]
: 2.[[User:Water & RAINBOW/下書き4-2 小柳ゆき アルバム]]
:: 1.[[User:Water & RAINBOW/下書き4-2.1 小柳ゆき オリジナル・アルバム]]
:: 2.[[User:Water & RAINBOW/下書き4-2.2 小柳ゆき ベスト・アルバム]]
:: 3.[[User:Water & RAINBOW/下書き4-2.3 小柳ゆき ライブ・アルバム]]
 
== シングル ==
=== SPHERE -feat.デーモン閣下- ===
{{Infobox Song <!-- Wikipedia:ウィキプロジェクト 楽曲 をご覧ください -->
| Name = SPHERE -feat.デーモン閣下-
| Artist = [[小柳ゆき]]
| Album = [[SPHERE 〜球宇宙〜]]
| A-side =
| B-side =
| Released = [[2020年]][[5月26日]]
| Format = [[デジタル・シングル]]
| Recorded =
| Genre = [[J-POP]]
| Length =
| Label = [[ユニバーサルミュージック (日本)|Universal Music]]
| Writer = [[小柳ゆき]]
| Composer = [[矢野まき]]<br/>松岡モトキ
| Producer = [[松岡モトキ]]
| Chart position =
| Certification =
| Misc = {{Extra chronology 2
| Artist = 小柳ゆき
| Type = single
| Last single = [[Prelude (小柳ゆきの曲)|Prelude]]<br />([[2019年]])
| This single = '''SPHERE -feat.デーモン閣下-'''<br />(2020年)
| Next single =
}}
}}
「'''SPHERE -feat.デーモン閣下-'''」(スフィア -フィーチャリング・デーモンかっか-)は、[[小柳ゆき]]の2作目の配信限定シングル
 
==== 解説 ====
シングルとしては、「[[Prelude (小柳ゆきの曲)|Prelude]]」以来、約8ヶ月振りとなる。
 
本作は宇宙をテーマに小柳自身が作詞を手掛けている<ref name="natalie">{{Cite web
|author=
|date= 2020-05-26 13:37
|url= https://natalie.mu/music/news/380486
|title= 小柳ゆき、デーモン閣下とのコラボ曲を先行配信
|website=
|publisher=
|accessdate=2020-06-01}}</ref>。
 
コラボレーションした[[デーモン閣下]]とは、過去にデーモンのソロアルバム『[[MYTHOLOGY]]』収録の「A STORY OF THE AGES -神話溶融-」にてコラボしたことがあるが、小柳の作品としてのコラボレーションは本作が初となる。
 
==== 制作背景及び楽曲解説 ====
; SPHERE -feat.デーモン閣下-
:; 本作の制作をするきっかけについて
:: 本作の制作の切っ掛けとなったのは、デーモン閣下の楽曲「A STORY OF THE AGES-神話溶融-」に小柳が客演として参加したことがきっかけであると言い、後に小柳のライブ<“DON $ YOKU”>にもデーモンが参加して同楽曲を披露している<ref name="BARKS.1">{{Cite web
|author=
|date=
|url= https://www.barks.jp/news/?id=1000184460
|title= 【メールインタビュー】小柳ゆき、13年ぶりオリジナルAL完成「とても感慨深いです」Page.1
|website=
|publisher=
|accessdate=2020-07-11}}</ref>。
: 小柳はライブに出演してもらう前から、かねてよりデーモンに「今度私の楽曲にゲストとして参加しては頂けませんか?」と持ちかけていたのだと言い、「SPHERE -feat.デーモン閣下-」は彼とのコラボをイメージしながら作ったのだと言う<ref name="BARKS.1"/>。
 
:; レコーディングに関して
:: レコーディングに際しては、小柳とデーモンと別々に分かれた上で行われたが<ref name="BARKS.1"/>、小柳はデーモンのレコーディングに同席しており、その際、デーモンに歌ってほしい言葉を集めて書いた所があるが、そのフレーズが想像した以上の表現力でやってくれたのだと言い、「これ以上ないってくらいに想像以上の表現でして、最高の叫びと繊細さを感じさせるような歌声で感無量ですね。」と語っている<ref name="BARKS.1"/>。
 
:; 作詞について
:: 作詞に関して、一部のフレーズにデーモンの「A STORY OF THE AGES」の歌詞と一部リンクしているような箇所があるそうだが、小柳自身は前回のコラボをあまり意識しないで歌詞を制作したのだと言い<ref name="BARKS.1"/>、楽曲に関して、本作のテーマは壮大ながらも美しく鬼気迫るような世界観を意識しながら、何度もデモを作った上で、作曲者である[[矢野まき]]と[[松岡モトキ]]らと何度も打ち合わせを重ねていたとの事であり、曲もデーモンと小柳がぶつかり合いを遺憾無く発揮できるように制作されたりするなど、小柳の意向を充分に反映された楽曲に仕上がったのだと言う<ref name="BARKS.1"/>。
 
:; ビデオクリップの撮影について
:: 本作のPV撮影については、「新型コロナの影響で予定より先に延ばしていたのですが、自粛の解除に伴って万全に万全を期して撮影に臨みました。以前と違ってソーシャルディスタンスを取らなければならなくなったので、当初のストーリーから変更を加えた上で、CGやストリングスの方が装着するVR等を駆使して時勢を反映させた仮想世界のなかで繋がっていると言った筋書きをストーリーに加えたりしました。衣装に関してなんですが、ドレスでありながらも『平和の讃歌』を求めて旅する旅人と言うイメージに近付けるために、麻の素材やベージュなど質素なイメージの色や繊維を取り合わせたことで旅人らしい空気感を演出できたかなと思っております。」と語っており<ref name="BARKS.1"/>、デーモンについては、「閣下がフレームに入るだけでがらっと空気が変わって、一瞬にしてより深い世界観と魅力になっていきましたね。動きや表情など一つ一つどれを取っても、もう本当に凄くてあまりの素晴らしさとその圧倒的な存在感に私やスタッフのみなさんは感嘆のため息をついていましたね。」と語っている<ref name="BARKS.1"/>。
 
==== 収録曲 ====
#'''SPHERE -feat.デーモン閣下-'''
#: 作詞:[[小柳ゆき]] /作曲:[[矢野まき]]
 
==== 脚注 ====
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
==== 外部リンク ====
*[https://yuki-k.fanmo.jp/discography.php 公式サイト 作品紹介ページ]
 
{{小柳ゆき}}