「19式装輪自走155mmりゅう弾砲」の版間の差分

タグ: メディア追加
== 設計 ==
=== 車体 ===
[[File:Fire power 02 Type19 03.jpg|thumb|250px|走行中の試作車]]
[[File:HX77 (8x8) with RMMV MAC protected cabin.JPG|thumb|250px|試作車両に採用されたHXシリーズの8×8輪仕様]]
[[File:Fire power 02 Type19 02.jpg|thumb|250px|試作車の側面、アウトリガーや駐鋤を装備しない、本車独特の接地機器が確認できる]]
近年の砲兵戦では、[[対砲兵レーダー|対砲迫レーダー]]、火光標定、音源標定、[[無人航空機|無人偵察機]]などの各種観測装置と[[戦術データ・リンク]]の発達により、砲迫の攻撃を受けると瞬時に射撃位置が標定され、反撃が実施される体制が確立されているため、短時間の射撃の後に陣地変換をする場合が多くなっている([[:en:Shoot-and-scoot|シュート・アンド・スクート]])。19式装輪自走155mmりゅう弾砲が更新する予定のFH-70は牽引砲でありながら自走が可能ではあるものの、その能力は限定的であり、また、射撃準備や牽引体勢への移行に時間がかかるという欠点を持っていた。
 
 
=== 装填装置 ===
[[ファイル:130329iFire 9特射撃訓練power (1)01 装備Type19 501.jpg|thumb|250px|FH70射撃体勢試作車、弾装填尾から伸びている様子。2名の隊員槊杖を使って砲弾を薬室に押し込んでいる。装填装置]]
[[ファイル:130329i 9特射撃訓練 (1) 装備 5.jpg|thumb|250px|FH70の砲弾装填の様子。2名の隊員が槊杖を使って砲弾を薬室に押し込んでいる]]
榴弾砲は射距離を細かく調節する関係上、装薬の量を調整する必要があり、[[砲弾]](信管含む)、[[ガンパウダー|装薬]]、[[火管]]はすべて別々に装填される。