「小行列式」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
 
元々の {{mvar|A}} の行・列を具体的に指定して表記するには、{{math2|1 ≤ ''i''{{sub|1}} < ''i''{{sub|2}} < … < ''i{{sub|k}}'' ≤ ''m'', 1 ≤ ''j''{{sub|1}} < ''j''{{sub|2}} < … < ''j{{sub|k}}'' ≤ ''n''}} に対して、それらをそれぞれ {{math2|''I'', ''J''}} と呼ぶことにすると、これらの添え字から得られる小行列式 <math>\det((A_{i_p, j_q})_{p,q=1,\cdots,k})</math> は
 
:{{math2|det{{sub|''I'',''J''}}''A'', [''A'']{{sub|''I'',''J''}}, ''M''{{sub|''I'',''J''}}, ''M''{{sub|''i''{{sub|1}}, ''i''{{sub|2}}, …, ''i{{sub|k}}'', ''j''{{sub|1}}, ''j''{{sub|2}}, …, ''j{{sub|k}}''}}, ''M''{{sub|(''i''),(''j'')}}}}
<math>{\det}_{I,J}A,\ [A]_{I,J}</math>
 
などと書かれる({{math|(''i'')}} は添え字の列 {{mvar|I}} を表す)。注意しないといけないのは、文献・著者によって全く逆の2種類の意味を指すことがあることである。著者<ref>Linear Algebra and Geometry, Igor R. Shafarevich, Alexey O. Remizov, Springer-Verlag Berlin Heidelberg, 2013, ISBN 978-3-642-30993-9</ref>によっては、{{math2|''I'', ''J''}} のどちらにも属している成分から作られる行列の行列式を意味し、著者<ref>Elementary Matrix Algebra (Third edition), Franz E. Hohn, The Macmillan Company, 1973, ISBN 978-0-02-355950-1</ref>によっては、{{math2|''I'', ''J''}} に対応する行・列を除いて得られる行列の行列式を意味する。この記事では前者({{mvar|I}} の行と {{mvar|J}} の列から元を選ぶ)の方の定義を用いる。例外的な場合は {{math|(''i'', ''j'')}}小行列式の場合である;この場合、取り除く方の表記 <math>M_{i,j} = \det(( A_{p,q})_{p \neq i, q \neq j})</math> がどの文献でも標準的であり、この記事においても用いる。
 
匿名利用者