「コブラ (架空の人物)」の版間の差分

編集の要約なし
* [[野沢那智]](TV版『[[コブラ (アニメ)#スペースコブラ|スペースコブラ]]』ほか)
** TVアニメで起用されて以来、最も多くコブラの声を担当した。アーケードゲーム『[[コブラ・ザ・アーケード]]』やパチンコ『CRコブラ』などでも声を担当している。「ザ・サイコガン」と「タイム・ドライブ」を映像化したOVAでも声を担当。
** 野沢は1969年製作の劇場用シネマスコープサイズ版『[[ルパン三世 パイロットフィルム|ルパン三世(パイロットフィルム)]]』において、ルパン役を演じている。『[[ルパン三世 (TV第1シリーズ)|ルパン三世 1st series]]』においてもルパン役を希望していたが、スケジュールの都合上かなわず、後にオファーを受けた『スペースコブラ』を快諾した。野沢に代わってルパン役を演じた[[山田康雄]]とはもともと口調が似ていたため、コブラ役を演じるにあたってルパン三世とキャラクターがかぶらないよう強く意識したという<ref>『ほびーワールド計画』第35回放送「祝!!30周年 COBRAの魅力を探れ!!」(2008年6月、[[関西テレビ☆京都チャンネル]])。OVA『[[コブラ (アニメ)#COBRA THE ANIMATION|COBRA THE ANIMATION]]』ザ・サイコガン 1巻に特典映像として収録。</ref>。
* [[山田康雄]]([[コブラ (PCエンジン)|PCエンジン用ゲーム『コブラ 黒竜王の伝説』、『コブラII 伝説の男』]])
** 寺沢はテレビアニメ化の際はベルモンドの吹き替えを多く務めていた山田を希望していた。しかし同じ[[東京ムービー新社]]の作品『[[ルパン三世]]』のイメージが強すぎたこと、山田自身にテレビアニメで同じ声の人間が複数の作品で主役を演じることへの反発があったことなどにより、実現しなかった。PCエンジン用ゲームの制作にあたり寺沢は山田の起用を再度熱望、アニメではなくゲームならということで実現に至った。