「慈悲」の版間の差分

パーリ語mittaの語末母音は伸ばさないので、ミッターではなく、ミッタ(対応梵語のミトラがミトラーでないのと同様)
m (セクションリンク切れの修正)
(パーリ語mittaの語末母音は伸ばさないので、ミッターではなく、ミッタ(対応梵語のミトラがミトラーでないのと同様))
慈悲は元来、4つある[[四無量心]]([[四梵住]])の'''徳目'''「'''[[慈 (仏教)|慈]]・[[悲 (仏教)|悲]]・[[喜 (仏教)|喜]]・[[捨 (仏教)|捨]]'''」(じ・ひ・き・しゃ)の内、最初の2つをひとまとめにした用語・概念であり、本来は慈(いつくしみ)、悲(あわれみ)と、別々の用語・概念である<ref name=uokawa>{{Cite|和書 |author=[[魚川祐司]] |date=2015-05 |title=仏教思想のゼロポイント |isbn=978-4103391715 |publisher=新潮社 |pages=165-167}}</ref>。
 
* 慈は[[サンスクリット語]]の「[[慈 (仏教)|マイトリー]] ({{lang|sa|maitrī}})」に由来し、「ミトラ ({{lang|sa|mitra}})」から造られた抽象名詞で{{efn|[[パーリ語]]ではメッター ({{lang|pi|mettā}}) とミッタ ({{lang|pi|mitta}}) である。}}、本来は「衆生に楽を与えたいという心」の意味である<ref name=uokawa/>。
* 悲はサンスクリット語の「[[悲 (仏教)|カルナー]]」に由来し、「人々の苦を抜きたいと願う心」の意味である<ref name=uokawa/>。大乗仏教においては、この他者の苦しみを救いたいと願う「悲」の心を特に重視し、「'''大悲'''」({{lang|sa|mahā-karunā}})と称する。