「喜田純鈴」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
== 人物 ==
* 2005年、両親が新体操競技経験者である事から、世界選手権出場経験を持つ[[中国]]出身の劉宇が指導する新体操クラブ「エンジェルRGカガワ日中」に入り、新体操を始める<ref>[https://tvtopic.goo.ne.jp/program/ntv/62041/924424/ 日テレ★ミライ 上田晋也の日本メダル話] 2016年1月9日放送</ref>。小学3年生時から全日本クラブチャイルド選手権で3連覇<ref name="mainichi">目指せ東京五輪の星:四国の若きアスリートたち 栄冠へ飛躍、輝ける10代(毎日新聞香川版2014年1月1日)</ref>。
* 2013年、[[坂出市立坂出中学校]]1年生時に出場した[[全日本新体操選手権大会]]の個人総合で準優勝、種目別フープとクラブで史上最年少優勝を達成。全日本選手権は本人、劉宇ともに経験を積むつもりで出場した大会であり、思わぬ好成績に驚いたと振り返っている<ref>[http://www.shikoku-np.co.jp/sports/local/20210126000162 東京五輪/しなやかに強く 新体操・喜田純鈴物語(2)東京五輪の星 高まる期待、重圧に]</ref>。日本体操協会から強化指定選手に指定され<ref name="mainichi" /> 、2016年冬から練習拠点をロシアに移した。
* 2017年、13期[[新体操日本代表|フェアリージャパン]](新体操日本代表)に個人選手として選ばれる<ref name="fjp_kojin" />。同年、[[世界新体操選手権]]初出場で決勝に進出した。イオン・カップ世界クラブ選手権で日本人トップの5位
* 2018年に剥離骨折を患った影響で不振に陥り日本クラブ選手権で10位に沈み、世界選手権は怪我の影響で2種目にしかエントリーできなかった。しかし、その1か月後の日本選手権個人総合は初優勝を達成<ref>[http://www.shikoku-np.co.jp/sports/local/20210128000145 東京五輪/しなやかに強く 新体操・喜田純鈴物語(4)底力 崖っぷちで全日本初V]四国新聞2021年1月28日</ref>。
* 2018年から日本選手権個人総合で3連覇。2021年のオリンピック代表選手選考会でも1位となり、東京オリンピック日本代表に決定した。
* 2019年、香川県に練習拠点を戻して再び劉宇の指導を仰ぐようになる<ref>[http://www.shikoku-np.co.jp/sports/local/20210129000153 東京五輪/しなやかに強く 新体操・喜田純鈴物語(5)二人三脚 ロシア離れ恩師と共に]四国新聞2021年1月29日</ref>。同年と2020年の日本選手権を優勝し、3連覇を達成。2021年のオリンピック代表選手選考会でも1位となり、東京オリンピック日本代表に決定した。
 
== 競技成績 ==
 
=== 2019年 ===
* 全日本クラブ選手権 個人総合1位
* 全日本新体操選手権 個人総合1位
 
=== 2020年 ===
* グラシアカップ 個人総合6位 種目別ボール3位<ref>[http://www.kokushikan-rg.com/topix/2020/03/post-399.html 国士舘大学新体操部]</ref>
* 全日本新体操選手権 個人総合1位
 
=== 2021年 ===
* ワールドカップ 個人総合18位
* 東京オリンピック代表選考会 個人総合1位