「緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置」の版間の差分

m
編集の要約なし
(→‎人流移動に関する問題: イオンモール高の原を追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 差し戻し済み
m
== 緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置に共通する事項 ==
=== 発令基準 ===
[[ファイル:Kinkyujitaisochi.png|サムネイル|237x237ピクセル|下記の表を分かりやすくまとめたもの。基準をさらに詳しく解説。]]
緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置ともにあらかじめ学識経験者や専門家の意見を聴いた上で行うこととし<ref>{{Cite web|title=第204回国会閣法第6号 附帯決議|url=https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/Futai/naikakuCC9F516DF7274F9449258670000AB0BB.htm|website=www.shugiin.go.jp|accessdate=2021-04-02}}</ref>、緊急事態宣言は、国が定めた感染拡大の指標<ref>{{Cite web|title=新型インフルエンザ等対策特別措置法 {{!}} e-Gov法令検索|url=https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=424AC0000000031_20210401_503AC0000000005|website=elaws.e-gov.go.jp|accessdate=2021-07-15}}</ref>である4段階の警戒レベルのうち、上から1番目に当たる「ステージ4」相当で適用<ref>{{Cite web|title=新型インフルエンザ等対策特別措置法 {{!}} e-Gov法令検索|url=https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=424AC0000000031_20210401_503AC0000000005|website=elaws.e-gov.go.jp|accessdate=2021-07-15}}</ref>し、上から2番目に当たる「ステージ3」相当で適用する<ref>{{Cite web|title=新型インフルエンザ等対策特別措置法 {{!}} e-Gov法令検索|url=https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=424AC0000000031_20210401_503AC0000000005|website=elaws.e-gov.go.jp|accessdate=2021-07-15}}</ref>。
 
さらには、まん延防止等重点措置は、宣言発令前の地域のほか緊急事態宣言解除後の地域も対象になりうる。実例として2021年[[6月21日]]に緊急事態宣言が解除された北海道、東京都、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府、福岡県の1都1道2府3県がまん延防止等重点措置の対象地域とされている。
 
また、急速な感染の拡大の兆しがわずかにでも見られるものの、実際に感染が拡大していない場合(ステージ2相当)でもまん延防止等重点措置を適用する可能性があるとしている<ref name="nikkei210208" /><ref name="nhk">{{Cite web|title=全国知事会 ワクチン接種の財政措置や経済・雇用対策を提言|url=https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210206/k10012852881000.html|website=NHKニュース|accessdate=2021-02-09|last=日本放送協会}}</ref><ref>{{Cite web|title=新型インフルエンザ等対策特別措置法 {{!}} e-Gov法令検索|url=https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=424AC0000000031_20210401_503AC0000000005|website=elaws.e-gov.go.jp|accessdate=2021-07-15}}</ref><ref>{{Cite web|title=新型インフルエンザ等対策特別措置法 {{!}} e-Gov法令検索|url=https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=424AC0000000031_20210401_503AC0000000005|website=elaws.e-gov.go.jp|accessdate=2021-07-15}}</ref>。 
 
政府は、緊急事態宣言を出す前の予防的な措置、感染拡大を一定程度防ぐための措置としてまん延防止等重点措置適用を目指すとみられている<ref>{{Cite web|title=あいまい要件で私権制限 「まん延防止等重点措置」とは:朝日新聞デジタル|url=https://www.asahi.com/articles/ASP1P745GP1PUTFK00J.html|website=朝日新聞デジタル|accessdate=2021-02-09|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=新型インフルエンザ等対策特別措置法 {{!}} e-Gov法令検索|url=https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=424AC0000000031_20210401_503AC0000000005|website=elaws.e-gov.go.jp|accessdate=2021-07-15}}</ref>。
 
まん延防止等重点措置については、大阪府、千葉県、神奈川県及び埼玉県の1府3県については緊急事態措置への移行により8月1日限りで解除し、北海道、石川県、京都府、兵庫県及び福岡県をまん延防止等重点措置の対象区域に追加し、実施すべき期間を8月2日から8月31日までとすることを決定した(「新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置に関する公示の全部を変更する公示」同年7月30日付官報特別号外第65号)<ref name="henko20210730"></ref>。
[[ファイル:Status-medical-care 20210806.png|サムネイル|230x230ピクセル|両措置発令中の地域の感染指標。(8/5現在)]]
 
2021年[[8月5日]]、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、愛知県、滋賀県、及び熊本県をまん延防止等重点措置の対象区域に追加し、実施すべき期間を8月8日から8月31日までとすることを決定した(「新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置に関する公示の全部を変更する公示」同年7月30日付官報特別号外第65号)<ref name="henko20210805">[https://kanpou.npb.go.jp/20210805/20210805t00067/20210805t000670001f.html令和3年8月5日付官報(号外特第67号) p.1]</ref>。