「大政翼賛会」の版間の差分

さきの編集は「本文中に登場する関連項目の削除」。
(関連項目の登場する者を登場するものを削除。)
(さきの編集は「本文中に登場する関連項目の削除」。)
[[近衛文麿]]を中心として、国家体制の刷新を求める[[革新派]]を総結集させて新党を結成する構想は比較的早い段階から検討されていた。[[1938年]](昭和13年)の[[国家総動員法]]が[[衆議院]]内の既成政党の反対で廃案寸前に追い込まれた際には[[有馬頼寧]]・[[大谷尊由]]らが近衛を[[党首]]とした新党を設立して解散総選挙を実施することを検討したものの、[[大日本帝国憲法]]下の[[戦前]]期[[日本の政治]]において二大ブロック制を構成し、「近衛新党」に党を切り崩されることを恐れた[[立憲政友会]](政友会)・[[立憲民政党]](民政党)が一転して同法に賛成して法案が成立したために新党の必要性が希薄になったことにより一旦この計画は白紙に戻ることになった。
 
[[1939年]](昭和14年)[[1月5日]]、[[第1次近衛内閣]]総辞職による近衛の首相辞任後、同年[[9月1日]]に[[ナチス・ドイツ]]の[[ポーランド侵攻]]により[[ヨーロッパ]]で[[第二次世界大戦]]が勃発し、その後のドイツの快進撃と国際情勢の緊迫化にともなって日本も強力な指導体制を形成する必要があるとする「[[新体制運動]]」が盛り上がり、その盟主として五[[摂家]]筆頭の名門の出であり人気も名声も高い近衛に対する期待の声が高まった。[[穏健な多党制]]を構成していた既成政党側でも、[[社会大衆党]]を中心として近衛に対抗するよりもみずから新体制に率先して参加することで有利な立場を占めるべきだという意見が高まった。民政党[[総裁]][[町田忠治]]と政友会正統派の[[鳩山一郎]](戦後に首相歴任)が秘かに協議して両党が合同する「反近衛新党」構想を画策したものの、民政党では[[永井柳太郎]]が「解党論」を唱え、「政友会正統派」の総裁[[久原房之助]]も「親英米派」の[[米内光政]]([[海軍大将]]・前[[海軍大臣]])を首班とし新体制運動に消極的な[[米内内閣]]の[[倒閣]]に参加して近衛の首相再登板を公言したために合同構想は失敗に終わり、民政党・政友会両派(正統派・[[革新派]])共に一気に解党へと向かうことになった。[[右翼]]政党の[[東方会]]も解党し、思想団体「[[振東社]]」となった。
 
近衛も米内[[内閣総辞職]]後の[[第2次近衛内閣]]成立後にこの期待に応えるべく新体制の担い手となる「一国一党組織」の構想に着手する。なお、その際、近衛のブレーンであった[[後藤隆之助]]が主宰し、近衛も参加していた政策研究団体「[[昭和研究会]]」が「[[東亜協同体論]]」や「新体制運動促進」などを提唱していた。昭和研究会の思想は、しかしながら、翼賛会設立準備過程において、浸透することはなく、実質をともなわない骨組みのみが採用された<ref>Ito: Militarismus des Zivilen in Japan 1937–1940, S. 322-355.</ref>。
 
[[内閣総理大臣]]が総裁に就任した。中央本部事務局の下に下部組織として[[都道府県|道府県]]支部、[[都市|大都市]]支部、[[市町村|市区町村]]支部、[[町内会]]、部落会などが設置された。本部は接収した[[東京會舘]]に設置された。
その後、[[1944年]](昭和19年)[[7月22日]]に東條内閣が総辞職、[[小磯内閣]]([[小磯國昭]]総裁兼首相、[[陸軍大将]])成立後、日本軍の敗北が目前と迫った戦争末期の[[1945年]](昭和20年)[[3月30日]]に組織の一部が[[翼賛政治会]]を改組した「[[大日本政治会]]」と統合された。同年[[4月7日]]に小磯内閣が総辞職、[[鈴木貫太郎内閣]]([[鈴木貫太郎]]総裁兼首相、退役[[海軍大将]]・[[華族]][[男爵]])が成立、[[本土決戦]]に備えた「[[国民義勇隊]]」の結成により同年[[6月13日]]に大政翼賛会は解散となった。しかし、これは政府首脳と軍部による強引な統廃合であったため、これに反発した[[岸信介]]ら翼賛政治会の一部が「[[護国同志会]]」などを結成した。軍部と結んだ大日本政治会に対抗するなど混乱を来たし、収拾がつかないまま日本政府は[[ポツダム宣言]]を受諾し終戦を迎えることとなった([[日本の降伏]])。
 
[[戦後]]の[[日本国憲法]]制定後は、[[結社の自由]]が保障されたために、既成政党が自主解散して一国一党に合流したとしても新党の結成を規制できず大政翼賛会のような組織は存在しえなくなったものの、当時翼賛体制下で結成された[[隣組]]やその後継である[[町内会#歴史|町内会]]は依然として残り、立法府として[[帝国議会]]の役割を引き継いだ[[国会 (日本)|国会]]などにおいては[[野党]]などが[[与党]]の[[連立政権]]を揶揄・批判する言葉として使用することが時折見受けられる{{efn|例えば、当時の[[政権]]与党であった[[自由民主党 (日本)|自由民主党]]が野党第一党の[[新進党]]の支持を取り付けた時、[[1997年]](平成9年)[[4月11日]]の衆議院[[本会議]]で[[在日米軍]]における[[米軍用地特別措置法]]改正案の特別委員会の委員長を務めた[[野中広務]]は委員会報告の中で「…再び国会の審議が、どうぞ'''大政翼賛会'''のような形にならないように若い皆さんにお願いをして…」と述べた。}}。
 
== 性質 ==