「小磯内閣」の版間の差分

編集の要約なし
(より良い画像= Kuniaki-Koiso-Cabinet-Photo-July-1944.png)
| align="right" | '''41'''
| [[小磯國昭]] || [[ファイル:Kuniaki Koiso.jpg|70px]]
| [[予備役]][[大日本帝国陸軍|陸軍]][[陸軍大将|大将]]<ref group="注釈" name="geneki">就任に伴い、現役軍人に復帰。</ref><br />([[陸軍大学校卒業生一覧#22期 (明治43年卒)|陸大22期]])
|
|
| align="right" | '''49'''
| [[米内光政]] || [[ファイル:Yonai Mitsumasa cropped.jpg|70px]]
| [[大日本帝国海軍|海軍]][[海軍大将|大将]]<ref group="注釈" name="geneki"/>海軍大臣就任に伴い現役に復帰。<br /ref>([[海軍大学校卒業生一覧#甲種12期|海大甲種12期]])
|
|
 
== 内閣の動き ==
前の[[東條内閣]]は、政策・軍事指導の両面に行き詰まっていたため、[[重臣会議|重臣たち]]が倒閣に動き、渋る[[東條英機]]首相を追い込み降ろすことに成功した。しかし、その後任として適当な人物はなかなか見出せず、[[重臣の合]]では[[大日本帝国陸軍|陸軍]]を統率できる陸軍部内者という点でまず合意し、現役陸軍大将を先任順に選考した。結果、候補としてあがった[[南方軍 (日本軍)|南方軍]]総司令官の[[寺内寿一]]と[[支那派遣軍]]総司令官の[[畑俊六]]の2[[元帥 (日本)|元帥]]について「前線司令官ゆえに動かせないの陸軍の意向があったため(なお、皇族以外の陸軍の元帥にはもことで一人[[杉山元]]がおり当時国内にいたが、候補になった様子がない)、3番目に挙げられた[[朝鮮総督]]の[[小磯國昭]]のところで可となった。久しく中央政官界から離れており、国内にさしたる政治基盤を持たない小磯の指導力不足が懸念され、[[近衛文麿]]の発案により、小磯と[[米内光政]]重臣の両名に[[昭和天皇]]から[[大命降下]]され、両名共同で組閣する連立内閣の形式を取らせることにした。この形式は[[1898年]](明治31年)の[[第1次大隈内閣|隈板内閣]]以来のもので、憲政史上この2例しかない。米内は現役に復帰し、[[首相総理]]格の[[海軍大臣]]に就任した。
 
小磯本人は、[[大命降下]]当時、予備役陸軍大将であったため、現役に復帰した上で、[[陸軍大臣]]を兼任し、強力なイニシアティブを取って、軍部を抑えようと目論んだ。しかし、前内閣当時首相とともに陸相も兼ねていた東條が、陸相留任を望んだため交渉は難航し、妥協策として東條の推す[[杉山元]]が陸相に就任した。また、[[帝国議会]]において[[翼賛政治会]]の支持を得るため、[[第2次近衛内閣]]以来設置が見送られていた[[政務次官]]・[[参与官]]が復活した。
 
このような数々の困難を抱えて発足した内閣であったため、組閣の時点で既に先行きが不透明な状態であった。何をするにも遅く効率が悪い内閣の動きから、「[[木炭自動車]]」と揶揄された。1945年(昭和20年)3月に[[沖縄戦|米軍の沖縄上陸]]を許し、同月には[[中国国民党]]政府との和平工作([[繆斌#繆斌工作|繆斌工作]])に失敗したため、[[内閣総辞職]]に至った。
 
== 脚注 ==