「第85回東京箱根間往復大学駅伝競走」の版間の差分

 
==== 1区 ====
中盤まではスローペースとなり23人が一団で進んでいたが、15kmの給水ポイントを境に帝京大・西村知修や国士大・小島康彰が集団を揺さぶり、六郷橋の上り手前で9校が抜け出した。19.3kmで早大のルーキー・[[矢澤曜]]がスパートをかけ、2位の神奈川大に4秒差をつけトップでタスキリレー。早大の1区区間賞は[[第73回東京箱根間往復大学駅伝競走|第73回大会]]以来13年ぶり。
 
優勝候補と目された駒大は、末松裕一が六郷橋のりで10位集団から脱落し57秒差の19位と波乱のスタート。20チームが1分以内にタスキリレーする団子状態となったが、集団から最初に脱落した日大は1分46秒差の22位と出遅れ、順大は2年連続1区を務めた関戸雅輝が[[第84回東京箱根間往復大学駅伝競走|前回大会]]に続いて今回も脚に痙攣を起こし失速。2分16秒差の最後尾でタスキを渡した。
 
==== 2区 ====
|}
: (「X」は当該区間の途中棄権、「-」はオープン参加による記録なし)
: ※'''10位以内の大学'''(関東学連選抜を除く)には次大会のシード権与えられた。
:: 関東学連選抜が10位以内となったため、次大会での予選会からの出場枠は1校増える。
:: *1:日本体育大学は大会後に発覚した不祥事に対する処分として次大会のシード権を剥奪された。
匿名利用者