「町田次雄」の版間の差分

編集の要約なし
 
{{存命人物の出典明記|date=2015年5月}}
'''町田 次雄'''(まちだ つぎお、[[1972年]] - )は、1990年代から2000年代にかけて活躍した[[陸上競技]]選手。専門は[[3000メートル障害|3000m障害]]。[[東京箱根間往復大学駅伝競走|箱根駅伝]]や[[全日本実業団対抗駅伝競走大会|全日本実業団対抗駅伝大会]]などに長年にわたって出場し、名物選手として親しまれた。現在[[中央学院大学]]陸上競技部コーチを務める。[[群馬県]]出身。
 
== チーム遍歴 ==
*[[群馬県立中之条高等学校]]
*[[中央学院大学]]陸上競技駅伝
*[[本田技研工業]]浜松陸上競技部
*本田技研工業浜松陸上競技部
*本田技研工業Honda陸上競技部マネージャー
*中央学院大学駅伝部コーチ
 
== 経歴 ==
*[[1992年|大学2年次の992年]][[9月13日]]、日本学生対抗選手権で3000m障害に出場し、8分45秒08の好記録をマークする
*大学3年次、大学として初出場となった[[第70回東京箱根間往復大学駅伝競走|第70回箱根駅伝]]でエース区間の2区に出場1時間12分21秒で区間18位
*大学4年次の[[第71回東京箱根間往復大学駅伝競走|第71回箱根駅伝]]予選会ではチームトップ・個人4位と健闘し連続出場に貢献。本大会1区に出場、1時間505分00秒で区間12位
*[[1995年]] 第37回東日本実業団対抗選手権で3000m障害に出場し、8分48秒39で優勝
*[[19981996年]] 第40回[[天皇盃国都道府県日本実業団対抗男子駅伝競走大会|全国都道府県対抗男子日本実業団駅伝競走大会]]で群馬県代表として最終 4である第7区に出走。44分41秒で(10.3km)区間347
*[[1997年]] 第41回全日本実業団駅伝 2区(8.4km)区間6位。
*[[1999年]] 中部実業団東海学生対抗で[[5000メートル競走|5000m]] 13分58秒97をマーク
*[[1998年]] [[天皇盃全国都道府県対抗男子駅伝競走大会|全国都道府県対抗男子駅伝競走大会]]で群馬県代表として最終区である第7区に出走。44分41秒で区間34位。
*[[2000年]] 第54回名岐駅伝で区間賞を獲得。チームは準優勝
*[[20011999年]] 第17回静岡国際中部実業団東海学生対抗[[5000メートル競走|5000m]] に出場し、141321587397をマークする
*[[2000年]] 第44回全日本実業団駅伝 4区区間11位。
*[[2000年]] 第54回名岐駅伝で区間賞を獲得。チームは準優勝
*[[2001年]] 第45回全日本実業団駅伝 5区(15.9km)区間10位。
*2001年 第17回静岡国際で5000m に出場し、14分21秒73をマークする。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者