「古代ギリシア語の文法」の版間の差分

m
→‎気息記号: テンプレート呼び出しの開始違反
m (lang テンプレートの補完、体裁の調整)
タグ: 2017年版ソースエディター
m (→‎気息記号: テンプレート呼び出しの開始違反)
語頭が二重母音の場合は、2番目の母音の上に付ける。例:{{lang|grc|εὑρίσκω}}({{lang|grc-latn|''heurískō''}}、「私は見つける」、"{{lang|en|I find}}")。
 
無気記号に似ている記号にコロニス ( {{Unicode|'}} , {{lang|la|coronis}}){{small|[[:en:Greek diacritics#Coronis|(en)]]}}がある<ref>Smyth, Herbert Weir (1920). }}"Part I: Letters, Sounds, Syllables, Accent}}". A Greek grammar for colleges. Cambridge: American Book Company. [http://www.perseus.tufts.edu/hopper/text?doc=Perseus:text:1999.04.0007:smythp=62 § 62].</ref>。これは、2つの単語で、語末と次の単語の語頭の間で母音の縮合(母音融合の一種、crasis)([[:en:crasis|en]])が起きるときに、その縮合部(省略部)にコロニス(')を付けるものである。例:{{lang|grc|κᾱ̓γώ}}({{lang|grc-latn|''kāgṓ''}}、{{lang|grc|καὶ ἐγώ}} <{{lang|grc-latn|''kaì egṓ''}}>の縮合形、「私も」、"{{lang|en|I too}}")。
 
====アクセント====