「佐渡鉄道」の版間の差分

m (曖昧さ回避ページ吉井村へのリンクを解消、リンク先を吉井村 (新潟県佐渡郡)に変更(DisamAssist使用))
 
明治期の[[佐渡島]]は道路も十分に整備されておらず陸上輸送が貧弱であったため、同じ島内での物流であっても海路での輸送が中心であった。そのため、この時期に起こった私設・民営鉄道敷設ブームに乗っていずれも[[東京府]]在住の発案者より2通りのルートで別々に佐渡島内を横断する鉄道の敷設許可願いが[[鉄道省|鉄道局]]に出されたものの、いずれも却下される。[[1897年]](明治30年)[[6月8日]]付の地元紙『[[佐渡新聞]]』は、この敷設許可願いが却下されたことについて「佐渡人は舌を出しているならん」と地元に鉄道建設を求める気運は無く、島外の者の動きに冷ややかな視線を浴びせていることを伝えている。
 
しかし、この申請却下が呼び水となって[[加茂郡 (新潟県)|加茂郡]][[吉井村 (新潟県佐渡郡)|吉井村]]で村長が「佐渡鉄道出張所」を自宅に設置。大正期に入ると、佐渡新聞[[主筆]]の[[森知幾]]が[[1914年]](大正3年)正月に本土で汽車に乗った体験について記すと共に、島内で人力に依存している貨物輸送のコストが本土の汽車に比して割高であることなどを挙げ、佐渡に鉄道を引く必要性を説いている。こうした気運の高まりは[[佐渡郡]]役所を動かし、官民一体で[[第一次世界大戦]]後の戦後不からの脱却を掲げる「戦後経営会」の設立に際しては[[軽便鉄道]]の敷設を含めた交通網・[[電信]]網の整備が重点課題として挙げられた。
 
[[1920年]](大正9年)、[[越後交通栃尾線|栃尾鉄道]](現在の[[越後交通]]の前身の1社)から佐渡支線の敷設に関して郡役所側に打診が行われるが、島内では栃尾鉄道が計画している線路の[[軌間]]拡張に際して不要となった資材を佐渡に押し付けるつもりではないかとの不信を招き、物別れに終わっている<ref>栃尾鉄道は[[狭軌|762mm軌間]]の軽便鉄道であった。結局、この時に計画されていた改軌は行われることなく1975年に全線廃止されている。</ref>。これ以後も郡長・[[福原粂治]]や佐渡[[立憲政友会|政友会]]の[[斎藤長三 (政治家)|斎藤長三]]が中心となって鉄道敷設に関する[[請願]]が続けられ、[[1922年]](大正11年)の[[鉄道敷設法]]改正に際し別表に「[[佐渡国]][[夷町|夷]]ヨリ[[河原田町|河原田]]ヲ経テ[[相川町|相川]]ニ至ル鉄道」が記載されるに至ったが、[[貴族院 (日本)|貴族院]]の反対により敷設は実現しなかった。