メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
 
==仏壇の宮殿==
通常、寺院宮殿は一間であるが、仏壇宮殿は[[本尊]]を祀る部分と[[脇持]]を祀る両脇の三間で構成されるのが一般的である。[[金仏壇]]は小型寺院としての起源から、宮殿も寺院宮殿を忠実に模したものとなる。[[金仏壇#産地|金仏壇産地]]によっては木地師とは別に、「宮殿師」とよばれる、宮殿を製作する職人をおくところもあり、中には須弥壇まで製作する場合もある。
 
以下、特別な造りを上げる。
*御坊造り
:仏壇の向って右側の一間に[[唐戸]]を付けて厨子状にしたもの。[[三河仏壇]]や[[名古屋仏壇]]で、主に真宗大谷派向けの仏壇に見られる。
*堂造(宮殿造)
:寺院宮殿を模した一間の可動式の宮殿。災害時、本尊をもって非難することが出来る為とも言われる。手間がかかる為、高級品にしか用いられない。
==関連項目==
*[[金仏壇]]
*[[厨子]]
1,141

回編集