「七隈トンビーズ」の版間の差分

 
== 概要・略歴 ==
[[1970年]]、'''福岡大学工学部サッカー班'''として創設。[[福岡県社会人サッカーリーグ]]には[[1975年]]のリーグ発足と同時に所属し、[[1980年]]に福岡地区リーグに降格するものの[[1984年]]に県リーグに復帰。[[1990年]]に初優勝を飾る。同年、チーム初の全国大会である第26回[[全国社会人サッカー選手権大会]]に出場。1回戦で[[トヨタ自動車東富士FC|トヨタ自動車東富士YFC]]に敗れる。
 
[[1998年]]に再び福岡地区リーグに降格するも1年で県リーグに復帰すると、復帰初年度の[[1999年]]から[[2005年]]までの7連覇を経て、[[2006年]]に創立36年目にして初めて[[九州サッカーリーグ]]へ昇格した。しかし九州リーグでは低迷し、2006年は9チーム中8位、[[2007年]]は11チーム中最下位に終わり、[[2008年]]からは再び福岡県リーグ1部に降格となった。
 
[[2020年]]の福岡県リーグは新型コロナウイルスの影響により全試合を消化できないためオープン戦として開催されたが、6戦全勝の好成績を残し優勝扱いとして九州各県リーグ決勝大会に出場。八代フューチャーズ、名護スポーツFCを破り決勝に進出したが、[[ジェイリースFC]]に敗れ準優勝。この年は規定により準優勝チームの入替戦は行われず、7年ぶりの九州リーグ復帰をあと一歩で逃した。
 
[[2021年]]、九州社会人サッカー選手権大会で[[嘉島サッカークラブ|嘉島SC]]、九州三菱自動車を相次いで破り、[[第57回全国社会人サッカー選手権大会]]に31年ぶりの出場を決める。
 
数多くの選手を抱えており、1軍チームで福岡県社会人リーグ1部の'''七隈トンビーズ'''と、2軍チームで福岡地区社会人リーグ1部の'''七隈カラス'''に分かれてリーグに参加している。また、4回生だけで構成される'''七隈マスターズ'''、OBで構成される'''七隈ファミリーズ'''がある。
|1989||bgcolor="silver"|2位||15||9||7||1||1||25||7||18||
|-
|1990||bgcolor="gold"|'''優勝'''||15||9||7||1||1||27||8||19||第26回[[全国社会人サッカー選手権大会]]1回戦敗退
|-
|1991||bgcolor="#DEB678"|3位||14||9||6||2||1||18||7||11||
|2014||[[九州サッカーリーグ|九州]]||10位||13||18||2 (2)||-||11 (3)||22||69||-47||福岡県リーグ降格
|-
|2015|| rowspan="67" |福岡県1部||5位||9||10||3||3||4||17||22||-5||
|-
|2016||bgcolor="#DEB678"|3位||11||10||5||1||4||22||24||-2||
|-
|2020||bgcolor="gold"|'''優勝'''||18||6||6||0||0||23||8||15||オープン戦として開催<ref>新型コロナウイルスの影響により全試合消化が困難であるため。4試合消化時点で最も成績の良い七隈トンビーズが優勝扱いとなった。</ref><br/>[[九州各県リーグ決勝大会]]準優勝
|-
|2021
|
|
|
|
|
|
|
|
|
|[[第57回全国社会人サッカー選手権大会]]出場
|-
|}
匿名利用者