「ジャック・リーチャー」の版間の差分

m (Botによる: {{Normdaten}}を追加)
 
 
== 登場小説 ==
ジャック・リーチャー・シリーズは、20192020年までに2325作の小説が発表された。これまで95カ国、40言語に翻訳されており、邦訳は1112作が、いずれも講談社文庫から刊行されている。
 
* Killing Floor(1997) 「キリング・フロアー」(講談社文庫・刊)
* Echo Burning(2001)
* Without Fall(2002)
* Persuader(2003)「宿敵」(講談社文庫・刊)
* The Enemy(2004)「前夜」(講談社文庫・刊)
* One Shot(2005)「アウトロー」(講談社文庫・刊)
* Bad Luck and Trouble(2007)
* Nothing to Lose(2008)
* Gone Tomorrow(2009)「葬られた勲章」(講談社文庫・刊
* 61 Hours(2010)「61時間」(講談社文庫・刊)
* Worth Dying for(2010)
* The Midnight Line(2017)「ミッドナイト・ライン」(講談社文庫・刊)
* Past Tense(2018)
* Blue Moon(2019)
* The Sentinel(2020)
 
== 外部リンク ==