「オートマチックトランスミッション」の版間の差分

→‎概要: 出典のない記述の除去
(→‎歴史: 独自研究)
(→‎概要: 出典のない記述の除去)
狭義には変速機自体を指すが、発達の経緯が変速操作の自動化のみならず、[[マニュアルトランスミッション]]車(以下、MT)から[[クラッチペダル]]を取り去ることでもあったため、必然的に[[クラッチ]]の自動化を伴っている。そのため、広義にATを称する場合は、各種の自動クラッチ機構を含めることが多い。
 
日本では「オートマチックトランスミッション」という呼び方が長く煩雑であることから、文章表記では'''オートミッション'''、'''A/T'''、'''AT'''と略記されることが多い。口語では'''オートマチック'''ないしは'''オートマ'''が通用している。古くは'''ノークラ'''(ノークラッチペダル)、'''ノンクラ'''、'''トルコン'''、'''オートミ'''などと呼ばれた。
 
== 歴史 ==