「オリックス・バファローズ」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
 
=== 旧運営者側の扱い ===
かつて運営していた事業者の側だと、ブレーブスの親会社だった[[阪急電鉄]]は、2006年の[[阪神電気鉄道|阪神電鉄]]との[[阪急・阪神経営統合|経営統合]]で[[阪神タイガース]]との間接的な関係が生じた後も、[[阪急電鉄正雀工場|正雀工場]]での阪急レールウェイフェスティバルでブレーブス関連のヘッドマークの展示やミニチュア標識板、ブレーブス坊やのグッズなどの物品販売が行われた年度がある。また[[阪急西宮ガーデンズ]]では「阪急西宮ギャラリー」で阪急ブレーブスに関する展示が行われている他、かつて球場敷地にあった「ブレーブス子供会記念碑」や「ブレーブス後援会記念樹」も再設置されている。また、阪急電鉄創業者・[[小林一三]]の旧宅に開設された小林一三記念館でも球団関連の展示が行われている他、ブレーブスOBによるトークショーが行われたことがある。ただし、阪神電鉄及び阪神タイガースへの配慮もあり、[[阪急阪神東宝グルルディングス]]公式ウェブサイトの「[http://holdingswww.hankyu-hanshin.co.jp/corporate/history/ グループのあゆみ]」では、旧ブレーブスについての記述はない他、オリックス球団による阪急復刻企画への直接の協賛は行わなかった<ref group="注">もっとも、球団経営時代の資料提供、演出再現等への水面下での協力は行っていた。</ref>。
 
その一方、旧バファローズの親会社だった[[近畿日本鉄道]]では、球団に関する権利関係のほとんどをオリックス球団およびオリックスグループ関連企業に譲渡しているためか、公式ウェブサイト上でも保有・売却の事実があったことを社史「近畿日本鉄道100年のあゆみ」から引用する形で簡略的に触れる程度で、サイト上の [http://www.kintetsu.jp/kouhou/Chronicle/A10007.html 歴代ポスターギャラリー] でも旧バファローズ関連については一切掲載されないなど消極的な扱いとなった。
 
結果的に、現在も阪神電鉄・阪神タイガースを通じてプロ野球との一定の関係が残っている[[阪急阪神東宝グループ]]と、一切手を引いた[[近鉄グループ]]の間では前身球団へのスタンスに温度差がみられる。
 
阪急東宝グループ→阪急阪神東宝グループは、関係企業(阪急共栄物産など)が保持していた「ブレーブス」の商標権を期限切れ後に更新しなかったため、失効後は[[メジャーリーグベースボール|MLB]]球団の[[アトランタ・ブレーブス]]がロゴマークなど一部の分野で登録している。
匿名利用者