「クープランの墓」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
=== メヌエット(Menuet) ===
[[File:MenuettRavel.png|thumb|right|500px|メヌエット]]
ジャン・ドレフュス (ラヴェル除隊後の家主) に捧げられている。アレグロ・モデラート、[[ト長調]]。3/4拍子。3部形式。等速92が指定されている
 
=== トッカータ(Toccata) ===
先述の通り初演者である[[マルグリット・ロン]]の夫、ジョゼフ・ドゥ・マルリアーヴ大尉に捧げられている。2/4拍子、[[ロンドソナタ形式|ロンド・ソナタ形式]]。最初[[ホ短調]]であるが、94小節目で[[嬰ニ短調]]に転調。144小節目で[[ホ短調]]に戻り、217小節目で[[ホ長調]]に転調するヴィフが指定されており、且つ等速144が指定され、[[トッカータ]]らしく速く、ピアニスティックな曲最後に壮大な盛り上がりを見せて一気に。旋律絶えず鮮明であ終わる。同音連打を多用したピアノ曲の最高峰のひとつに位置づけられ、ラヴェルの作曲技法が惜しむことなく注ぎ込まれている。
 
技術的にも困難であり、多彩な表現が盛り込まれているために、演奏者によってさまざまな解釈がなされており、演奏速度の設定からもそれを垣間見ることができる。例えば、ラヴェル自身から直接そのピアノ作品の解釈について学んだ[[ヴラド・ペルルミュテール]]の録音のひとつでは等速♩=約132で演奏されている。今日ではラヴェルの譜面上の指定である等速♩=144以上の高速で演奏するピアニストも多いが、これには相当のテクニックが必要とされる。
 
技術的にも困難であり、多彩な表現が盛り込まれているために、演奏者によってさまざまな解釈がなされており、演奏速度の設定からもそれを垣間見ることができる。例えば、ラヴェル自身から直接そのピアノ作品の解釈について学んだ[[ヴラド・ペルルミュテール]]の録音のひとつでは等速約132で演奏されている。今日ではラヴェルの譜面上の指定である等速144以上の高速で演奏するピアニストも多いが、これには相当のテクニックが必要とされる。
 
== 『クープランの墓』の演奏音源が残っている主なピアニスト ==
;6曲全曲の音源が残っているピアニスト
* [[アレクサンドル・タロー]]
* [[アナトリー・ヴェデルニコフ]]
* [[アンリエット・フォール]]
* [[アンヌ・ケフェレック]]
* [[アブデル・ラーマン・エル=バシャ]]
* [[アンジェラ・ヒューイット]]
* [[ヴラド・ペルルミュテール]]
* [[ヴァルター・ギーゼキング]]
* [[キャサリン・ストッツ]]
* [[サンソン・フランソワ]]
* [[ジャック・ルヴィエ]]
* [[ジャン=イヴ・ティボーデ]]
* [[ジャン=フィリップ・コラール]]
* [[パスカル・ロジェ]]
* [[ファーガス・トンプソン]]
* [[フィリップ・アントルモン]]
* [[モニク・アース]]
* [[マルセル・メイエ]]
* [[ルイ・ロルティ]]
* [[ポール・クロスリー]]
* [[ルシェンヌ・デルフォルジュ]]
* [[スザンヌ・ギル]]
 
6曲のうち一部の曲が音源として残っているピアニスト
* [[シャルル・シャレス]](トッカータ)
* [[フリードリヒ・グルダ]](トッカータ)
* [[アルトゥール・ルービンシュタイン]](フォルラーヌ)
* [[エミール・ギレリス]](プレリュード、フォルラーヌ、トッカータ)
 
== 管弦楽版 ==
217

回編集