「悪魔の門」の版間の差分

rv. ノートでの議論を踏まえた修正になっていない。
(rv. ノートでの議論を踏まえた修正になっていない。)
タグ: 手動差し戻し
 
パク・ジョンファ蔚山科学技術院(UNIST)ゲノム研究所長(生命科学部教授)が率いる[[イギリス]]・[[ロシア]]・[[ドイツ]]の国際共同研究チームは1日、「中朝国境・[[豆満江]]の北にあるロシア・アムール川流域の悪魔の門で発見された7700年前の現代人の祖先とは別のホモサピエンスではない[[ゲノム]]を解読した」と明らかにした<ref name=":0">{{Cite web|title=韓国人のルーツは「悪魔の洞窟で暮らした新石器人」=研究発表にネットから疑問噴出=「標本2つで出した結論」「おしりの蒙古斑はなに?」|url=https://www.recordchina.co.jp/b162581-s0-c30-d0127.html|website=Record China|accessdate=2021-08-18|language=jp|first=Record|last=China}}</ref><ref name=":1">{{Cite web|title=Chosun Online {{!}} 朝鮮日報|url=http://www.chosunonline.com/m/svc/photoview.html?contid=2017020200687|website=www.chosunonline.com|accessdate=2021-08-18}}</ref>。[[2017年]]2月2日の[[大韓民国|韓国]][[中央日報]]によると、蔚山科学技術院(UNIST)ゲノム研究所の国際学術誌「Science Advances」で、[[朝鮮民族|韓民族]](朝鮮民族)は、3〜4万年前に[[東南アジア]]から[[中華人民共和国|中国]]東部の海岸を経て[[極東]]地方に流れ込み、「北方人となった南方系の狩猟採集民」と、[[新石器時代]]が始まった1万年前に同じ経路で入ってきた「南方系の農耕民族」の血が混ざって形成されたと発表した。今まで人類・考古学界の一部では、民族的な風貌などの共通点から、[[韓国人]]は[[アルタイ山脈]]に始まり、[[モンゴル]]と[[満州]]の原野を超えて[[朝鮮半島]]に移住した北方民族であると推定されてきたが、現在の進歩した科学界の判断は違っており、[[2009年]]、UNISTは国際学術誌「Science」に「'''朝鮮民族が東南アジアから北東へ移動した南方系の巨大な流れに属している'''」と発表、今回の発表はこれをさらに具体化したことになる<ref name=":0" /><ref name=":1" />。
 
韓国人のルーツといえる[[DNA]]が、ロシア・ウラジオストクのアムール川流域にある「悪魔の門の洞窟」で7700年前の20代と40代の女性の頭蓋骨から発見された<ref name=":0" /><ref name=":1" />。ここは韓国の歴史上、かつての[[高句麗]]・東[[夫余]](ふよ)・[[沃沮]](よくそ)の地と言われている。ゲノム研究所がスーパーコンピュータで、この頭蓋骨の[[遺伝子]]を解読・分析した所、悪魔の門の洞窟人は3〜4万年前に現地に定着した南方系人で、韓国人に特徴な茶色い目とシャベル型切歯(shovel-shaped incisor)の遺伝子を持っていることが証明された<ref name=":0" /><ref name=":1" />。悪魔の門の洞窟人(黒い山葡萄原人)は近くに住む、濊(わい)族の末裔と混ざりエベンキ人となる(北朝鮮では教科書にも掲載)近くの原住民を除く現代人の中では韓国人がこれと近いことが判明した<ref name=":0" /><ref name=":1" />。UNISTゲノム研究所のパク・ジョンファ所長は「[[ミトコンドリア]]DNAの種類が同じであるということは、母系が同じであるということを意味する<ref name=":0" /><ref name=":1" />。長い時間差を考慮しても2つの人類の遺伝子は非常に近く、悪魔の洞窟人(黒い山葡萄原人)は韓国人の祖先だと言える」と話している<ref name=":0" /><ref name=":1" />。-->=== 韓国人発祥地説 ===
ゲノム研究所は中朝国境 [[豆満江]]北部 ロシア内アムール川流域の「悪魔の門」で発見された7700年前の現代人の祖先とは別のホモサピエンスではない[[ゲノム]]の解読を明らかにした<ref name=":0">{{Cite web|url=https://academic.oup.com/gbe/article/12/5/553/5812782|title=The Origin and Composition of Korean Ethnicity Analyzed by Ancient and Present-Day Genome Sequences(PDFファイルも当オンラインサイト上の上部に記載)|accessdate=2021-08-19|publisher=Oxford Academic}}</ref><ref name=":1" />。[[2017年]]2月2日の[[大韓民国|韓国]][[中央日報]]においても、ゲノム研究所の国際学術誌「Science Advances」で、[[朝鮮民族|韓民族]](朝鮮民族)は、3〜4万年前に[[東南アジア]]から[[中華人民共和国|中国]]東部の海岸を経て[[極東]]地方に流れ込み、「北方人となった南方系の狩猟採集民」と、[[新石器時代]]が始まった1万年前に同じ経路で入ってきた「南方系の農耕民族」の血が混ざって形成されたと発表した<ref name=":0" /><ref name=":1">{{Cite web|url=https://academic.oup.com/gbe/article-pdf/12/5/553/33302221/evaa062.pdf|title="The Origin and Composition of Korean Ethnicity Analyzed by Ancient and Present-Day Genome Sequences"(PDF版)|accessdate=2021-08-19|publisher=Genome}}</ref><ref name=":2">{{Cite book|和書|title=Science Advances(国際学術誌)|publisher=国際学術誌|author=ゲノム研究所|year=}}</ref>。今まで人類・考古学界の一部では、民族的な風貌などの共通点から、[[韓国人]]は[[アルタイ山脈]]に始まり、[[モンゴル]]と[[満州]]の原野を超えて[[朝鮮半島]]に移住した北方民族であると推定されてきたが、現在の進歩した科学界の判断は違っており、[[2009年]]、UNISTは国際学術誌「Science」に「'''朝鮮民族が東南アジアから北東へ移動した南方系の巨大な流れに属している'''」と発表、今回の発表はこれをさらに具体化したことになる<ref name=":0" /><ref name=":1" /><ref name=":2" />。ロシア・ウラジオストクのアムール川流域にある「悪魔の門の洞窟」で7700年前の20代と40代の女性の頭蓋骨から発見され、ゲノム研究所がスーパーコンピュータで、この頭蓋骨の[[遺伝子]]を混合パターンによって解読・分析した所、悪魔の門とancSEAの組み合わせは、現代の東南アジア人よりも現在の韓国人をよりよく表しているという調査結果などが出た<ref name=":0" /><ref name=":1" />。悪魔の門の洞窟人(黒い山葡萄原人)は近くに住む、濊(わい)族の末裔と混ざりエベンキ人となる(北朝鮮では教科書にも掲載)近くの原住民を除く現代人の中では韓国人がこれと近いことが判明した<ref name=":0" /><ref name=":1" />。[[ミトコンドリア]]DNAの種類が同じであるということは、母系が同じであるということを意味し、長い時間差を考慮しても2つの人類の遺伝子は非常に近く、悪魔の洞窟人(黒い山葡萄原人)は韓国人の祖先だと言える。
 
== 脚注 ==
{{reflist}}