メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
[[情報工計算機科学]]において、'''進化的計算'''(evolutionary computation)は[[組合せ最適化]]問題を含む[[人工知能]](具体的(より狭義には[[コンピュータ知能]])の一部であり、[[組合せ最適化]]問題に関するもの分野である。[[進化的アルゴリズム]]が一般に[[生殖]]、[[突然変異]]、[[遺伝子組み換え]]、[[自然淘汰]]、[[適者生存]]などのメカニズムを実装するための技術だけに注目しているを指すのに対して、進化的計算は以下の特徴によってルーズに認識される。
 
* 繰返しの進行反復的な発展、成長、または開発
* [[人口]]をベースとした考え方もの
* 誘導された[[ランダム]]な探索
* 並列処理
* しばしば生物学にスパイアされているトを得たもの
 
これはたいのような緩やかな基準によっい次特徴付けられ、主に以下のような[[メタヒューリスティック]]な[[最適化]][[アルゴリズム]]に関係していが含まれる。
 
* [[進化的アルゴリズム]]([[遺伝的アルゴリズム]]、[[進化的プログラミング]]、[[進化戦略]]、[[遺伝的プログラミング]]および学習分類システムから構成される)
また、他にも以下のような分野も含む。
 
* [[自己組織化写像]]、成長する神経ニューラルガス(growing neural gas)ネットワーク、[[競合学習]]などの[[自己組織化]]
* [[微分進化]]
* [[人工生命]](また、[[デジタル有機体]]を参照されたい)
*[http://www.fmi.uni-stuttgart.de/fk/evolalg/ Evolutionary Computation Repository(英語)]
 
[[category:計算機科学アルゴリズム|しんかてきけいさん]]
 
[[ca:Computació evolutiva]]
2,657

回編集