「源義忠暗殺事件」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: ビジュアルエディター モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
=== 真相 ===
こうして義忠の暗殺犯は義綱、義明、藤原季方とされて事件は解決したかに思えたが、真実は違った。真犯人は義忠の叔父であり義綱の弟である源義光であった。
 
一般的な説としては義光が兄義家の没後に野心をおこし、河内源氏の棟梁の座を狙った、と言うものであるが、しかし、結果的に河内源氏が凋落し、その主人である[[藤原摂関家]]も勢力を落し、[[院政]]を敷く白河院が一番得をしているので、源氏の勢力を削ごうと白河院が義光を上手に利用したなどの説がある。