「オルドス高原」の版間の差分

オルドス砂漠 2021年8月22日 (日) 01:16‎ の序文、概要節の第一文と最終段落「オルドスという地名は・・・漢族が多い。」の部分を転記。(ノート:オルドス盆地#記事内容の整理の提案
(改名提案)
タグ: メディア追加
(オルドス砂漠 2021年8月22日 (日) 01:16‎ の序文、概要節の第一文と最終段落「オルドスという地名は・・・漢族が多い。」の部分を転記。(ノート:オルドス盆地#記事内容の整理の提案))
タグ: 曖昧さ回避ページへのリンク
 
「オルドス」とは、モンゴル語の「[[オルド]]」に由来している。
 
'''オルドス地方'''([[モンゴル語]]:{{mongol|ᠣᠷᠳᠣᠰ}} Ordos、オルドスちほう、鄂爾多斯)とは、[[中国]]・[[内モンゴル自治区]]南部の[[黄河]]屈曲部で、西・北・東を黄河に、南を[[万里の長城]]に囲まれた地方。行政区分としてはイフ・ジョー(伊克昭)盟が2002年に[[オルドス市]]となり、オルドス地方の大半を占める。黄河対岸(北側)の河套平原なども含め、'''[[河套]]'''(かとう)ともいう。
 
大部分が海抜1500メートル前後の[[高原]]([[準平原]])で'''オルドス高原'''と呼ばれ、南側は[[黄土高原]]に続く。
 
オルドスという地名は、[[明]]代以降この地に住み着いた[[モンゴル人]]の部族「[[オルドス部]]」に由来する。それよりはるか前、[[旧石器時代]]から人が住み、特に紀元前6世紀から2世紀にかけて遊牧騎馬民族による[[オルドス青銅器文化]]が栄えた。[[匈奴]]、[[趙 (戦国)|趙]]、[[秦]]、[[漢]]によって次々に征服され、南部には万里の長城が築かれた。その後も匈奴系や[[突厥]]系などの遊牧民が住み、遊牧民族王朝([[遼]]、[[西夏]]、[[元 (王朝)|元]]など)あるいは中華王朝([[唐]]、[[明]]など)による支配を受けた。[[清]]代から漢族が入植し、現在の住民は漢族が多い。
 
==参考項目==