「二木謙三」の版間の差分

 
 
== 人物 ==
[[秋田県]][[秋田市]]土手長町(現・千秋明徳町)の元御典医・樋口順泰の次男・倹蔵(戸籍係が謙三と誤記)として出生、[[土崎港]]二木家の養子となる<ref name="shinno">『名誉館長館話実施報告抄』秋田県立博物館研究報告 第36号、新野直吉、73-94頁、2011年3月、2021年5月3日閲覧</ref>。[[山口高等学校 (旧制)|山口高等学校]]を経て、[[東京大学大学院医学系研究科・医学部|東京帝国大学医学部]]を卒業、東京市立駒込病院に勤務<ref name="shinno"/>。1903年(明治36年)[[赤痢菌]]「駒込A、B菌」を分離する<ref name="shinno"/>。1905年(明治38年)ドイツに留学、[[ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン|ミュンヘン大学]]教授のグルーバーに師事<ref name="shinno"/>。1909年(明治42年)駒込病院副院長、東大講師、[[博士(医学)|医学博士]]、1914年(大正3年)東大助教授、1915年(大正4年)[[高木逸磨]]等と共に「[[鼠咬症]](そこうしょう)スピロヘータ」を発見<ref name="shinno"/>。1919年(大正8年)駒込病院長、1921年(大正10年)東大教授<ref name="shinno"/>。1929年(昭和4年)[[学士院賞]]受賞、[[日本医科大学]]、東京歯科医専、[[日本女子大学]]教授となる<ref name="shinno"/>。1951年(昭和26年)[[日本学士院]]会員、日本伝染病学会(現:[[日本感染症学会]])長<ref name="shinno"/>。1955年(昭和30年)[[文化勲章]]授与<ref name="shinno"/>。1966年(昭和41年)93歳で没す<ref name="shinno"/>。天然[[免疫学]]理の証明の実績を遺し、[[玄米]]食の提唱、実践運動や[[教育者]]として功績を残した。[[歴史学者]]で[[國學院大學]]名誉教授、日本中世史([[戦国時代 (日本)|戦国史]])、[[有職故実]]の[[二木謙一]]の祖父。
 
== 生涯 ==
匿名利用者