「古市憲寿」の版間の差分

議論なく記載された独自研究を含む記述を除去。ノートで議論中です。編集強行はおやめください。Pppp4324 (会話) による ID:85183612 の版を取り消し
(議論なく差し戻された部分を復元。(差別に対する主張など氏の人間性について重要な部分を削除するのはやめてください))
タグ: サイズの大幅な増減 差し戻し済み 曖昧さ回避ページへのリンク
(議論なく記載された独自研究を含む記述を除去。ノートで議論中です。編集強行はおやめください。Pppp4324 (会話) による ID:85183612 の版を取り消し)
タグ: 取り消し サイズの大幅な増減 差し戻し済み
{{pp|small=yes}}
{{pp-dispute}}{{Infobox 人物
|氏名=古市 憲寿
|ふりがな=ふるいち のりとし
* 2007年、慶應義塾大学環境情報学部を卒業<ref name="honhikidashi20190617" />、[[東京大学大学院総合文化研究科・教養学部|東京大学大学院総合文化研究科]]国際社会科学専攻相関社会科学コース修士課程に入学し、同コースを修了<ref>{{Cite web|url= https://www.tfm.co.jp/dreamheart/index.php?catid=1745&itemid=149387 |title= Dream HEART vol.312 社会学者・古市憲寿さん - レポート | work= | author=茂木健一郎 |publisher= TOKYO FM 80.0MHz |date=2019-03-23|accessdate=2020-08-26}}</ref>。
* [[日本学術振興会]]育志賞受賞<ref>{{cite web|url=http://www.jsps.go.jp/j-ikushi-prize/ichiran_2_h25.html|title=育志賞受賞者一覧|accessdate=2016年11月27日|author=日本学術振興会|}}</ref> 。
* 学位は未取得。
* [[社会学者]]<ref name="asahi20181218">{{Cite news | url = https://www.asahi.com/articles/ASLDF5FTVLDFUCVL00S.html | title = 芥川賞・直木賞の候補に古市憲寿さん、森見登美彦さんら | publisher = [[朝日新聞デジタル]] | date = 2018-12-17 | accessdate = 2018-12-18 }}</ref>と自称するが氏を社会学者と定義するかどうかについては疑義もある。<ref>https://news.livedoor.com/article/detail/16063906/</ref><ref>https://www.oricon.co.jp/special/51970/</ref><ref>https://npn.co.jp/article/detail/39833664/</ref><ref>https://togetter.com/li/1649414</ref><ref>https://myjitsu.jp/archives/36225</ref>
* 2018年、初の小説「平成くん、さようなら」で第160回[[芥川龍之介賞]]候補<ref name="asahi20181218"/>。
* 2019年、「百の夜は跳ねて」で第161回[[芥川龍之介賞]]候補<ref>{{Cite web|title=直木賞候補、6人全員が女性 芥川賞含めて史上初めて:朝日新聞デジタル|url=https://www.asahi.com/articles/ASM6F5VT2M6FUCVL01H.html|website=朝日新聞デジタル|accessdate=2019-06-16|language=ja}}</ref>。
* 2019年、[[文藝春秋]]2019年9月号にて芥川賞選考委員たちによって辛辣な選評が、記述される。(後述)<ref>https://joshi-spa.jp/947296</ref>
 
 
=== 役職 ===
 
* 2012年、[[野田内閣]]の[[内閣官房]][[国家戦略局#国家戦略室の設置|国家戦略室]]「フロンティア分科会」部会委員<ref>{{cite web|author=内閣府|url=http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/npu/policy09/archive05.html|title=幸福のフロンティア部会||accessdate=2016年11月27日}} </ref>。
* 2013年、[[第2次安倍内閣|安倍内閣]]の「経済財政動向等についての集中点検会合」委員<ref>{{cite web|author=内閣府|url=https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/special/tenken/|title=経済財政動向等についての集中点検会合||accessdate=2016年11月27日}}</ref>、内閣官房[[行政改革推進本部]]事務局「国・行政のあり方に関する懇談会」メンバー<ref>{{cite web|author=内閣府|url=http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kataro_miraiJPN/member/huruichi.html|title=国・行政のあり方に関する懇談会||accessdate=2016年11月27日}}</ref>。
* 2017年、[[厚生労働省]]「多様な選考・採用機会の拡大に向けた検討会委員」<ref>{{cite web|url=http://www.jil.go.jp/press/documents/20171226c.pdf|title=記者発表「多様な選考・採用機会の拡大に向けた検討会」報告書|accessdate=2017年12月26日|publisher=厚生労働省}}</ref>
* 2019年、[[内閣府]]「パラダイムシフトと日本のシナリオ懇談会」メンバー<ref>{{PDFlink|[https://www5.cao.go.jp/keizai2/paradigm/kaisai.pdf パラダイムシフトと日本のシナリオ懇談会の開催について]}}</ref>。
* 2021年、[[厚生労働省]]「雇用・女性支援プロジェクトチーム」メンバー<ref>{{PDFlink|[https://www.mhlw.go.jp/stf/projectteam_20210222.html コロナ禍の雇用・女性支援プロジェクトチーム]}}</ref>。
== 落選となった芥川賞選考委員たちよる選評 ==
古市の作品は芥川賞選考委員の厳しい評価にさらされた。<ref>https://www.47news.jp/4116062.html</ref><ref>https://www.google.com/search?q=%E8%8A%A5%E5%B7%9D%E8%B3%9E+%E5%8F%A4%E5%B8%82&oq=%E8%8A%A5%E5%B7%9D%E8%B3%9E%E3%80%80%E5%8F%A4%E5%B8%82&aqs=chrome..69i57.4108j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8</ref>理由として、[[山田詠美]]は選評でこう書いた。
「小説の参考文献に、古典でもない小説作品とは、これいかに。そういうのってありな訳? と思ったので、その木村友祐「天空の絵描きたち」を読んでみた。」
「天空の絵描きたち」は、候補作よりはるかにおもしろかったそうで、「どうなってんの?」と驚いたと記述する。<ref>https://www.google.com/search?q=%E8%8A%A5%E5%B7%9D%E8%B3%9E+%E5%8F%A4%E5%B8%82&oq=%E8%8A%A5%E5%B7%9D%E8%B3%9E%E3%80%80%E5%8F%A4%E5%B8%82&aqs=chrome..69i57.4108j0j7&sourceid=chrome&ie=UTF-8</ref>そこで、「いや、しかし、だからといって、候補作が真似や剽窃に当たる訳ではない。もちろん、オマージュでもない。ここにあるのは、もっと、ずっとずっと巧妙な、何か。それについて考えると哀しくなって来る」と述べた。また[[吉田修一]]は「本作に対して盗作とはまた別種のいやらしさを感じた。ぜひ読み比べてほしいのだが、あいにく『天空の…』の方は書籍化さえされておらず入手困難であり、まさにこの辺りに本作が持っているいやらしさがあるように思う」と述べた。他にも[[堀江敏幸]]は、「参考文献にあげられた他者の小説の、最も重要な部分をかっぱいでも、ガラスは濁るだけではないか」と述べ、[[川上弘美]]は「結論から言います。わたしは悲しかった。木村友祐さんの声が、そのまま「百の夜は跳ねて」の中に、消化されず、ひどく生のまま、響いていると、強く感じてしまったからです。小説家が、いや、小説に限らず何かを創り出す人びとが、自分の、自分だけの声を生み出すということが、どんなに苦しく、またこよなく楽しいことなのか、古市さんにはわかっていないのではないか。だからこんなにも安易に、木村さんの声を「参考」にしてしまったのではないか」と語った。古市は本賞の落選となった。<ref>https://www.asahi.com/articles/DA3S14160332.html</ref><ref>https://www.google.com/search?q=%E5%8F%A4%E5%B8%82+%E9%81%B8%E8%A9%95&oq=%E5%8F%A4%E5%B8%82%E3%80%80%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%B4%E3%82%87&aqs=chrome.1.69i57j0i4i30.10365j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8</ref><ref>https://prizesworld.com/akutagawa/kogun/kogun160FN.htm</ref>
 
 
 
== 主張 ==
* 2018年、祖母の死をきっかけに、文芸雑誌に初めて小説短篇を発表する。「割り切れなさが残った。それを表現するには論文でもエッセーでもなく、「小説という形がしっくりきた」」が理由だという。またこれまでの著作との関連については「「違う社会のあり方を提示するのが社会学。もう一つの解釈を示すという意味では、これまで書いてきたことと今回の小説は、僕の中で隔たりはない」」と述べている<ref>[https://book.asahi.com/article/12092862]</ref>。
*2019年1月号の[[文學界]]において、「お金がかかっているのは終末期医療、特に最後の一ケ月」であることが判明したので、「高齢者に『十年早く死んでくれ』と言うわけじゃなくて、『最後の一ケ月間の延命治療はやめませんか?』と提案すればいい」「順番を追って説明すれば大したことない話のはずなんだけど」と発言した<ref name="biz20190107">{{Cite web |url=https://biz-journal.jp/2019/01/post_26168.html |title=考察【落合陽一×古市憲寿対談】…命と人権が経済的に語られるようになった時代への違和感 |accessdate=2021-02-09}}</ref>。この発言について、[[磯﨑憲一郎]]は[[朝日新聞]]の文芸時評で、想像力や身体性が欠如していると批判した<ref>{{Cite web |url=https://book.asahi.com/article/12035774 |title=作家の生き様 小説家・磯﨑憲一郎|好書好日 |accessdate=2021-02-09}}</ref>。
* 2021年7月14日、[[東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会|五輪組織委員会]]は、[[2020年東京オリンピック・パラリンピック|東京オリンピック・パラリンピック]]の開会式と閉会式の「式典コンセプト」を発表。開会式の作曲担当者は[[小山田圭吾]]、[[徳澤青弦]]、[[原摩利彦]]、景井雅之の4名とされた<ref name="hokkoku20210715">{{cite news |url=https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/469559 | title=五輪パラ開閉会式、共通コンセプト&クリエイティブチームのメンバーなど発表 | newspaper=[[北國新聞]] | date=2021-7-15 | accessdate=2021-7-20 }}</ref><ref>{{cite web |url=https://olympics.com/tokyo-2020/ja/news/news-20210714-03-ja | title=東京2020大会開閉会式4式典共通コンセプトならびに東京2020オリンピック開閉会式コンセプトを発表 | publisher=東京2020オリンピック競技大会公式ウェブサイト | date=2021-7-14 | accessdate=2021-7-20 }}</ref>。翌7月15日に各メディアで報じられると<ref name="hokkoku20210715"/>、小山田が1994年~95年の雑誌インタビューで[[障害者]]への[[いじめ]]・[[虐待]]・[[暴行]]を自慢していたこと(具体的には「[[便]]を食べさせる」「[[バックドロップ]]技を行う」「[[オナニー|自慰行為]]をさせる」等)がインターネット上で拡散された<ref>{{cite news |author=日高奈緒 |url=https://www.asahi.com/articles/ASP7M6HX4P7MUHBI02B.html | title=小山田さんのいじめ問題 海外メディアも相次いで詳報 | newspaper=朝日新聞 | date=2021-7-19 | accessdate=2021-7-19 }}</ref>。<br />同年7月17日午前0時台に古市はTwitterを更新。「『謝ればいいってものじゃない』って怒るひとは、どうせ謝らなくても怒るひとなので、結果的に『謝らないで無視する』が最適解になってしまう。個人的には謝罪や許しよりも、忘れることが大事だと思っている」とツイートした<ref>[https://twitter.com/poe1985/status/1416051545888595970 古市憲寿 Twitter 2021年7月17日 午前0:06]</ref>。これに対し[[メンタリスト (舞台芸術)|メンタリスト]]の[[DaiGo]]が「謝ればいいってもんじゃないと思うなら裁判でもすればいいだけの話よな」と返信<ref>[https://twitter.com/Mentalist_DaiGo/status/1416060500920602624 メンタリストDaiGo Twitter 2021年7月17日 午前0:41]</ref>。それに対しさらに古市は「本当そうだよね。まあ民事の場合、裁判を起こすには頭とお金がいるから」と返信した<ref>[https://twitter.com/poe1985/status/1416068064026583045 古市憲寿 Twitter 2021年7月17日 午前1:11]</ref>。ツイートのタイミングが、物議を醸している小山田の過去の「いじめ自慢」問題の炎上の時期と重なったため、ネット上で騒動となった<ref name="friday20210720">{{cite news |url=https://friday.kodansha.co.jp/article/194834 | title=小山田問題に言及と誤解?古市憲寿氏のツイートが物議を呼んだ背景 | newspaper=[[FRIDAY (雑誌)|FRIDAY]] | date=2021-7-20 | accessdate=2021-7-20 }}</ref>。小山田は7月19日、官邸が主導する形で辞任に追い込まれるが<ref>{{cite news |url=https://www.news24.jp/articles/2021/07/19/04908679.html | title=五輪直前…小山田氏が辞任の意向背景は | newspaper=日本テレビ | date=2021-7-19 | accessdate=2021-7-19 }}</ref>、古市は、最初に投稿した「謝ればいいってものじゃない」というツイートは友人にあてた結婚のお祝いメッセージだったと説明<ref>{{Cite web|title=https://twitter.com/poe1985/status/1416750358521475073|url=https://twitter.com/poe1985/status/1416750358521475073|website=Twitter|accessdate=2021-07-20|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=https://twitter.com/poe1985/status/1416750852291764227|url=https://twitter.com/poe1985/status/1416750852291764227|website=Twitter|accessdate=2021-07-20|language=ja}}</ref>。それに対し結婚のお祝いメッセージとしては無理があるという多数の指摘がなされた<ref>{{Cite web|title=古市憲寿“小山田圭吾を擁護”で炎上! 言い訳がムロツヨシレベル|ニフティニュース|url=https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-1160019/|website=ニフティニュース|accessdate=2021-07-20|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=古市氏、小山田騒動で炎上の投稿に「結婚祝いメッセージ」と釈明 「さすがに無理がある」ツイート経緯から矛盾指摘も|url=https://news.nifty.com/article/domestic/society/12184-200138116/|website=ニフティニュース|accessdate=2021-07-20|language=ja}}</ref>。なお前述の「お祝いメッセージ」のtwitter投稿の間に「いじめ被害者の親が過去のいじめを巡り、加害者を訴える」というストーリーである[[林真理子]]の『小説8050』に関する言及<ref>{{Cite web|title=https://twitter.com/poe1985/status/1416068309011689472|url=https://twitter.com/poe1985/status/1416068309011689472|website=Twitter|accessdate=2021-07-20|language=ja}}</ref>が含まれており、古市による釈明は文脈にそぐわないとの指摘も寄せられた<ref>{{Cite web|title=【悲報】古市憲寿「小山田擁護なんてしてない。友達へのお祝いメッセージなんだけど、何勘違いしてるの?」|url=http://www.anige-sokuhouvip.com/blog-entry-44765.html|website=www.anige-sokuhouvip.com|accessdate=2021-07-20|last=anige}}</ref>。なお[[米山隆一 (政治家)|米山隆一]]は前述の「本当そうだよね。まあ民事の場合、裁判を起こすには頭とお金がいるから」<ref>{{Cite web|title=米山隆一さんが古市憲寿さんに苦言「世間の逆をいえば良いってものじゃないですよ」「この人の言を有り難がる必要がどこにあるのかと思います」 | ガジェット通信 GetNews|url=https://getnews.jp/archives/3060638|website=ガジェット通信 GetNews|date=2021-07-19|accessdate=2021-07-20|language=ja}}</ref> という古市の主張に対し「つまり謝られても許せないほどの怒りを抱えながら、民事訴訟を起こさない被害者は頭とお金のない人で、謝っても無駄だから謝らないのが最適だと…。この人の言を有り難がる必要がどこにあるのかと思います。」とtwitterに投稿した<ref>{{Cite web|title=https://twitter.com/ryuichiyoneyama/status/1416746928960720899|url=https://twitter.com/ryuichiyoneyama/status/1416746928960720899|website=Twitter|accessdate=2021-07-20|language=ja}}</ref>。古市は、その上で7月19日に更新したTwitterで、「『いじめ』のような形で加害者を糾弾するのは反対です」と改めて、小山田の一連の件について意見を述べた<ref name="friday20210720"/><ref>{{cite news |url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/07/20/kiji/20210720s00041000243000c.html | title=古市憲寿氏 小山田圭吾の騒動に「『いじめ』のような形で加害者を糾弾するのは反対」 | newspaper=スポーツニッポン | date=2021-7-20 | accessdate=2021-7-20 }}</ref>。しかし、小山田と被害者の間に和解や謝罪が成立していない案件(被害者は小山田の謝罪を拒否している)で小山田擁護の言動をし被害者側の感情を逆撫で、被害者の知的障碍者を「頭(知能)もお金もないから裁判できないね」とあざ笑うなどの行為をしたことに対して、Twitterは炎上した。時効が成立した犯罪について「犯罪は忘却することが大事」とし、「犯罪を行っても責任を取る必要はない」「たとえ犯罪者であっても、第三者が苦言を呈するべきではない」というスタンスを示し、日本国憲法の定める「最大限の個人の尊重」を蹂躙された被害者を切り捨て、小山田を擁護した。
*メンタリスト[[DaiGo]]の「自分にとって必要のない命は僕にとって軽いんで。だからホームレスの命はどうでもいい。いない方が良くない? 邪魔だしさ、プラスになんないしさ、臭いしさ、治安悪くなるしさ。もともと人間は自分たちの群れにそぐわない、群れ全体の利益にそぐわない人間を処刑して生きている。犯罪者を殺すのだって同じ」<ref>https://mainichi.jp/articles/20210814/k00/00m/040/095000c</ref>と述べたことによる炎上に際し、2021年8月15日放送[[フジテレビ]]「ワイドナショー」に出演し、「究極的には、ちょっと遠回りになるんですけど、死刑制度に対してもちょっと『あれ?』と思ってるんですね」と持論を展開し<ref>https://mdpr.jp/news/detail/2720880</ref>、「ある程度の炎上は織り込み済みだと思うんですけど、あれはめちゃくちゃ落ち込んでいると思う」メンタリスト[[DaiGo]]の発言をフォローする言動を呈した。<ref>https://news.yahoo.co.jp/articles/18d9021c731fc8a12d15bafdb1833330de2eed3a</ref>それに対し、番組MCの[[東野幸治]]は「それは勝手ですよ!!!」と厳しい言葉をぶつけた。
 
 
 
== 人物 ==
* 『誰も戦争を教えてくれなかった』([[講談社]]、ISBN 978-4-06-218457-1、2013年)
** 改題『誰も戦争を教えられない』([[講談社+α文庫]]、ISBN 978-4-06-281606-9、2015年)文庫化
* 『だから日本はズレている』([[新潮新書]]、ISBN 978-4-10-610566-1、2014年)- 発行部数10万部<ref>[{{cite news|url=http://www.nikkei.com/article/DGKDZO74279790V10C14A7NNK000/ |title=ベストセラーの裏側 古市憲寿「だから日本はズレている」]|newspaper=日本経済新聞 |date=2014年7月-07-16日|accessdate=2021-08-22}}夕刊</ref>
* 『保育園義務教育化』([[小学館]]、ISBN 978-4-09-388430-3、2015年)
* 『古市くん、社会学を学び直しなさい!!』([[光文社]]新書、ISBN 978-4-334-03947-9、2016年)