「江戸の悪太郎」の版間の差分

* 1959年版に登場するのが、三山の妹おすみ(梶すみ子)。三山は知らないが女掏摸。三四郎には死ぬほど惚れているが、手癖の悪さという身から出た錆で、浪乃に譲って身を引く女。
* 1939年版でお栄に一両を貸してやる金貸しの勘兵衛(香川良介)は1959年版には登場せず、お栄に一両貸してやるのは、貧乏長屋の住人で始末屋でケチ婆さんでその名もお勘(浪花千栄子)。
* 名人会は1939年版では、出演を渋る芸人たちを三山が説得して連れてくるまでの場つなぎで浪乃が二曲歌を披露するのみ。三四郎はその歌声や仕草で浪乃が女であることを確信する。
* 1939年版では曽祖父(團徳磨)は三四郎とは面識がなく、ひ孫可愛さで彼を信用して嫁がせるが、1959年版の曽祖父(渡辺篤)は酒場で交流があり三四郎の人柄を知っている。