「神田三崎町」の版間の差分

m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (www.soumu.go.jp) (Botによる編集))
タグ: メディア追加
 
== 歴史 ==
[[File:旧・商経学部校舎前の三崎町停留所(1938年頃).jpg|thumb|180px|left|1938年頃の三崎町停留所]]
江戸開府以前は当該町域は三崎村と呼ばれた。[[江戸時代]]に[[徳川家康]]をはじめとする歴代の将軍が[[城下町]]として開発し、[[大名]]や[[旗本]]の[[武家屋敷]]が立ち並ぶ町となった。江戸時代を通じて[[神田小川町|小川町]]と呼ばれ、幕府の[[講武所]]が設けられた。[[1866年]]([[慶応]]2年)11月に講武所は廃止され、陸軍所が吸収。[[明治維新]]後は[[大日本帝国陸軍|陸軍]]の練兵場として使用された。[[1872年]]([[明治]]5年)に[[東京府]]下の町が新町名に改称した際に、当該町域も「三崎町」と改称した<ref>[http://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/bunka/bunka/chome/yurai/kandamisaki.html 町名由来板:神田三崎町(かんだみさきちょう)]、千代田区ホームページ、2018年1月1日</ref>。
 
その後、[[1890年]](明治23年)に陸軍練兵場は[[三菱財閥|三菱社]]に払い下げられ、跡地の開発が始められた。同じく三菱が所有する[[丸の内]]が[[オフィス街]]に開発されたのと違い、三崎町は[[市街地]]として開発された。
 
1947年(昭和22年)3月15日に神田区と麹町区が合併して千代田区が発足する際、神田区内の町名にはすべて「神田」を冠称する町名変更が行われ、当該町域も「神田三崎町」となった。1967年(昭和42年)4月1日の住居表示実施に伴い、旧来の町名である「三崎町」に戻されたが、2018年(平成30年)1月1日に再度「神田三崎町」に町名変更されている。{{clear}}
 
=== 沿革 ===