「TSK・CCCターミナルビル」の版間の差分

 
[[暴力団]]「[[東亜会|東声会]]」のトップとして知られ、レジャー開発などを手がける「[[東亜相互企業]]」も経営する、[[韓国]]人([[在日韓国・朝鮮人|在日韓国人]])の鄭建永([[通名]]は[[町井久之]])により、[[1966年]]に完成し町井の自宅がおかれていた「[[トーア・マンション|東亜マンション]]」と同じ敷地内に「現代人の憩いと対話の場所を実現するため」として建設され、[[1973年]][[7月11日]]にオープンした。
 
建設資金は、東亜相互企業が[[韓国外換銀行]]の支払い保証約60億円の信用保証を受け、日本不動産銀行(後の[[日本債券信用銀行]]、現在の[[あおぞら銀行]])より約54億の借款を受けることにより調達した(日本不動産銀行は戦前の[[朝鮮銀行]]の旧行員を中心に創設された銀行で[[朝鮮半島]]とは縁があった。融資額の内の21億円が建設関連費に回され、33億円を[[那須高原]]・白河高原の総合開発事業につぎ込んだ)が、最終的に建設費は建設会社に払われないままであったと伝えられている。
 
=== 東声会 ===