「帝塚山大学」の版間の差分

m
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
== 沿革 ==
=== 略歴 ===
[[1941年]]、財団法人帝塚山学院の創立25周年および[[皇紀]]2600年を記念して、奈良の地に一大綜合学園を創り、さらにこの学園を中心とした文化都市を建設しようという理想のもと財団法人[[帝塚山学園]]が創立された。その後、[[1964年]]に'''帝塚山大学'''が教養学部のみの女子単科大学として開学する。大学設立の際、当時帝塚山学園学園長であった[[森礒吉]]の熱心な発言を受け、[[近畿日本鉄道]]社長であった[[佐伯勇]]から、土地の提供と設立準備資金の協力を受けている。[[1988年]]に経済学部を増設したことを期に[[男女共学]]となった。その後、[[1993年]]に大学院経済学研究科、[[1996年]]に大学院人文科学研究科、[[1997年]]に法政策学部、[[1998年]]に経営情報学部、[[2001年]]に大学院法政策研究科、[[2004年]]に心理福祉学部、現代生活学部、[[2012年]]に大学院心理科学研究科を増設し、6学部10学科4研究科体制となった。2014年度からは心理福祉学部地域福祉学科が廃止となったことで6学部9学科4研究科体制へと変更された。2018年には経済学部と経営学部が統合され経済経営学部経済経営学科が設置されることとなっている。その他にも文学部文化創造学科は日本文化学科の1コースとして再編、現代生活学部こども学科は教育学部こども教育学科と組織改編されることとなっている。
 
=== 年表 ===