「姑息的治療」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎関連項目: 表追加)
編集の要約なし
タグ: 曖昧さ回避ページへのリンク
 
'''姑息的治療'''(こそくてきちりょう)とは対象とする[[疾患]]の根治を目指す治療以外の全ての[[医療行為]]を指す。
 
「姑息」という言葉は『'''一時的な'''』という意味で、医学的資料・文献中や医療現場、医学生の教育の場では通常用いられる言葉であるが、「ずるい」「卑怯な」という意味に[[誤解]]されることが多いため、医療者から患者や家族に対し「姑息的治療」の説明があをする場合は注意する必要がある。
 
== 概説 ==
主に'''患者の苦痛の軽減'''や'''一時的な症状改善'''などの目的で行われる治療のことである。
 
例えば、[[風邪]]の咳、[[発熱]]などの症状に対して、[[解熱]]、[[咳止め]]などの目的で[[総合感冒薬]]を[[処方]]することが最も一般的に行なわれる姑息的治療である。これらは'''[[対症療法]]'''とも呼ばれる。