「緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: ビジュアルエディター 手動差し戻し 差し戻し済み メディア追加
タグ: 手動差し戻し 差し戻し済み メディア除去
{{改名提案|ロックダウン及び緊急事態宣言・まん延防止等重点措置|date=2021年8月}}
<!--加筆が完了したので、暫時、非表示にし、8月末あたりで削除します。{{加筆|緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置の発令状況(発令内容に変更があれば)|その他、両措置に係る内容の加筆|date=2021年8月}}-->
'''新型インフルエンザ等緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置'''(しんがたインフルエンザとうきんきゅうじたいせんげん)及 およ'''まん延防止等重点措置'''( まんえんぼうしとうじゅうてんそち)とは、[[日本]]において[[新型インフルエンザ|新型インフルエンザ感染症]]などといった[[国民]]の[[生活]]や、[[社会]]・[[経済活動]]においての重大な[[影響]]を及ぼす[[感染症]]の[[感染]][[拡大]]([[パンデミック]]・[[オーバーシュート (感染症)|オーバーシュート]])<ref name="law">{{Egov law|329AC0000000061|新型インフルエンザ等対策特別措置法}}</ref>を防ぐため、[[新型インフルエンザ等対策特別措置法]]([[コロナ禍|コロナ]][[特措法]]、[[特措法]]などともいう)<ref name="law" />に基づいて[[日本国政府|政府]]から発出させられる内容の異なった[[法的拘束力]]を伴った措置のことである<ref name="law">{{Egov law|329AC0000000061|新型インフルエンザ等対策特別措置法}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://corona.go.jp/emergency/pdf/kouji_20210416.pdf|title=蔓延防止等重点措置 公示 新型インフルエンザ等対策特別措置法改正に伴う|accessdate=2021.5.16|publisher=内閣官房対策本部長}}</ref>。
{{色}}
'''緊急事態宣言'''(きんきゅうじたいせんげん)及び'''まん延防止等重点措置'''(まんえんぼうしとうじゅうてんそち)とは、[[日本]]において[[新型インフルエンザ|新型インフルエンザ感染症]]などといった[[国民]]の[[生活]]や、[[社会]]・[[経済活動]]においての重大な[[影響]]を及ぼす[[感染症]]の[[感染]][[拡大]]([[パンデミック]]・[[オーバーシュート (感染症)|オーバーシュート]])<ref name="law">{{Egov law|329AC0000000061|新型インフルエンザ等対策特別措置法}}</ref>を防ぐため、[[新型インフルエンザ等対策特別措置法]]([[コロナ禍|コロナ]][[特措法]]、[[特措法]]などともいう)<ref name="law" />に基づいて[[日本国政府|政府]]から発出させられる内容の異なった[[法的拘束力]]を伴う措置のことである<ref name="law" /><ref>{{Cite web|url=https://corona.go.jp/emergency/pdf/kouji_20210416.pdf|title=蔓延防止等重点措置 公示 新型インフルエンザ等対策特別措置法改正に伴う|accessdate=2021.5.16|publisher=内閣官房対策本部長}}</ref>。
 
同法の制定時点では、急速な感染拡大を封じ込めるための'''新型インフルエンザ等緊急事態宣言'''のみ規定がされていたが<ref name="law" />、[[2021年]][[2月3日]]に行われた法改正<ref name="law" />により新型インフルエンザ等緊急事態宣言に至る前に全国的かつ急速な[[蔓延|まん延]]を防ぐことを目的として<ref>{{Cite web|url=https://corona.go.jp/emergency/pdf/kouji_20210416.pdf|title=まん延防止等重点措置 資料参考[正規複写]|accessdate=2021.5.16|publisher=内閣府}}</ref>、'''新型インフルエンザ等まん延防止等重点措置'''が設けられた<ref name="law" />。ただし、新型インフルエンザ等緊急事態宣言及び新型インフルエンザ等まん延防止等重点措置ともにこれまで適用されているのは、全世界で感染が拡大している[[新型コロナウイルス感染症 (2019年)|新型コロナウイルス(COVID-19)]]に対する措置<ref name="nikkei210208">{{Cite web|title=まん延防止等重点措置とは 時短違反、20万円以下の過料|url=https://www.nikkei.com/article/DGXZQODL080TC0Y1A200C2000000/|website=日本経済新聞|date=2021-02-08|accessdate=2021-02-09|language=ja}}</ref>のみである<ref name="law" />。
 
[[ファイル:Oyakaigan Station Roadside Station.jpg|thumb|道の駅大谷海岸<br />壁面にマンボウが掲げられている。]]
しかし、この略称について、イントネーションの関係もあり、魚の「[[マンボウ]]」を連想させ、「危機感や緊迫感にかける」と言った批判的な意見もあり、4月1日の参議院議員運営委員会で[[西村康稔]][[新型コロナウイルス対策担当大臣]]が「『まん防』という言い方は基本的に使わないようにしている。ちょっとふざけたような雰囲気もある」と発言する<ref>{{Cite web|url=https://www.jiji.com/jc/article?k=2021040101248|title=「まん防」略称、私は使わず 西村担当相|publisher=時事ドットコム|accessdate=2021年4月1日}}</ref>など、閣僚・自治体首長から批判が出ており、たびたび使用していた尾身も「『まん防』という言葉の使い方が適切ではない。『重点措置』の方が良い」と略語を使わないことを表明している<ref name="mainichi"/>。さらに、「まん延防止等重点措置」について、「まん防」と省略することを控える向きが政府、報道に強まっている。語感がゆらゆら泳ぐ魚のマンボウのような緩いイメージを連想させ、「ふざけたような雰囲気がある」という指摘もあった<ref>{{Cite web|title=緊張感欠く?略称「まん防」自粛の波 政府や報道、批判受け修正|url=https://www.nishinippon.co.jp/item/n/718771/|website=西日本新聞me|accessdate=2021-06-26|language=ja}}</ref>。これに関連して、魚類の[[マンボウ]]が[[道の駅大谷海岸]]のトレードマークになっている宮城県[[気仙沼市]]が「([[東日本大震災]]からの)再起を期す道の駅にとってもマイナスイメージとなりかねない」として、同月3日までに、報道各社に向けて「『まん延防止等重点措置』を『まん防』と略すことに慎重になってほしい」と要望する文書を出している<ref>{{Cite web|url=https://www.yomiuri.co.jp/national/20210402-OYT1T50194/|title=「まん防」は「マンボウ」にマイナスイメージ…「地域のアイドル」、宮城県気仙沼市が声明|publisher=読売新聞オンライン|accessdate=2021年4月3日}}</ref>。東京都の小池百合子知事も、「まん防」と発言して質問した記者に対し「あの、『まん防』っていう言葉、東京都では使ってないんです。『重点措置』です」と釘を刺している。
 
しかし、「1度も正確な名称を言っていない。重点施策となったり。」と批判を受ける政府首脳もいるとの報道もされている<ref>{{Cite web|title=菅首相、まん延防止措置の正式呼称できず「1度も正確名称言っていない」 - 社会 : 日刊スポーツ|url=https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202104120000280.html|website=nikkansports.com|accessdate=2021-06-26|language=ja}}</ref>。実際に、[[内閣総理大臣]]や、[[国務大臣]]の会見などでも略称を用いていることがある。<!--独自研究となる部分を非表示にし、確認できる事実のみの記載とします。修正がなければその後削除します。 ほど、{{独自研究範囲|一般流用されていないのが「まん延防止等重点措置」という正式名称である|date=2021-07}}-->
=== 発令基準 ===
[[ファイル:Kinkyujitaisochi.png|サムネイル|237x237ピクセル|下記の表を分かりやすくまとめたもの。基準をさらに詳しく解説。]]
緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置ともにあらかじめ学識経験者や専門家の意見を聴いた上で行うこととし<ref>{{Cite web|title=第204回国会閣法第6号 附帯決議|url=https://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/Futai/naikakuCC9F516DF7274F9449258670000AB0BB.htm|website=www.shugiin.go.jp|accessdate=2021-04-02}}</ref>、緊急事態宣言は国が定めた感染拡大の指標<ref name="law" />である4段階の警戒レベルのうち、上から1番目に当たる「ステージ4」相当で適用し<ref name="law" />、まん延防止等重点措置は上から2番目に当たる「ステージ3」相当で適用する<ref name="law" />。具体的には、公示を行う前に政府が発令区域などを'''[[基本的対処方針分科会]]'''<ref>{{Cite web|url=https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/yusikisyakaigi.html|title=内閣官房:有識者会合新型インフルエンザ等基本的対処方針諮問分科委員会|accessdate=2021.8.17|publisher=内閣府}}</ref>に諮り、発令を決定している。
 
さらには、まん延防止等重点措置は、宣言発令前の地域のほか緊急事態宣言解除後の地域も対象になりうる。実例として2021年[[6月21日]]に緊急事態宣言が解除された北海道、東京都、愛知県、大阪府、兵庫県、京都府、福岡県の1都1道2府3県がまん延防止等重点措置の対象地域とされている。
|広島県(2回目)
|-
|style="background-color:#ff0033"|沖縄県(2回目)
|style="background-color:#ff0033"|2021年5月23日 - 2021年9月12日
|style="background-color:#ff0033" "white-space:nowrap"|病床の逼迫(医療崩壊寸前)・感染拡大
|style="background-color:#ff0033"|大阪府(4回目)
|-
|style="background-color:#ff0033"|茨城県(2回目)
|rowspan="7" style="background-color:#ff0033"|2021年8月20日 - 2021年9月12日
|rowspan="7" style="background-color:#ff0033" "white-space:nowrap"|新規陽性者数が急速に増加し、公衆衛生体制・医療提供体制が首都圏を中心に非常に厳しくなっていること
|rowspan="7" style="background-color:#ff0033" |
|-
|style="background-color:#ff0033"|栃木県 (3回目)
|-
|style="background-color:#ff0033"|群馬県(2回目)
|-
|style="background-color:#ff0033"|静岡県(2回目)
|-
|style="background-color:#ff0033"|京都府(4回目)
|rowspan="8" style="background-color:#ff0033" |
|-
|style="background-color:#ff0033"|宮城県(2回目)
|-
|style="background-color:#ff0033"|岐阜県(3回目)
|-
|style="background-color:#ff0033"|愛知県(4回目)
|-
|style="background-color:#ff0033"|三重県(2回目)
|-
|style="background-color:#ff0033"|滋賀県(2回目)
|-
|style="background-color:#ff0033"|岡山県(3回目)
匿名利用者