「明瀬山光彦」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
[[2008年]](平成20年)1月場所、本名の深尾の[[四股名]]で[[前相撲]]から初土俵を踏んだ。入門時の体重は198kgの巨漢で、[[腹]]が大きく両方の[[乳房]]がひどく垂れ下がっている一方で、素早い動きも出来ることで、[[序ノ口]]、[[序二段]]共に7戦全勝と圧倒的な強さを見せた。2008年(平成20年)3月場所の序ノ口優勝表彰式では、土俵に上がるときに乳房や腹があまりにも揺れることから観客がどよめいた。2008年(平成20年)5月場所の序二段優勝決定戦では、体型に似合わず土俵内を素早く動き回る相撲を見せたが、惜敗した。翌7月場所の[[三段目]]も6勝1敗と一場所で通過し、一気に[[幕下]]まで[[番付]]を駆け上がった。幕下昇進後も勝ち越しを続けたが、東幕下7枚目と自身初めて幕下の一桁台に番付を上げた[[2009年]]5月場所で初めての負け越しを経験した。しかし翌7月場所では6勝1敗で6人が並んだ優勝決定戦を制して幕下優勝を果たした。[[額]]が推定2.5cmととても狭く、どんな[[大銀杏]]姿になるか非常に出世が期待されていたが、[[2010年]](平成22年)7月場所13日目、この場所は東幕下7枚目であったが、[[十両]]の[[佐田の海貴士|佐田の海]]と対戦が組まれたため、本場所では初めて大銀杏を結った。
 
一時は番付を西幕下35枚目まで落としたが、そこから4場所連続で勝ち越し、自身最高位の東幕下2枚目で迎えた2010年9月場所も4勝3敗と勝ち越して翌11月場所で新十両を果たし、同時に四股名を深尾から「'''明瀬山'''」(あきせやま)に改名。実家の建材店「深尾タイル」のHPに四股名の由来が記述されており、両親の名前の一部から「明」、木瀬部屋から「瀬」、愛知中京クラブのコーチと埼玉栄相撲部監督の名字(山田)から「山」をそれぞれ頂戴したと説明されている。新十両昇進時には日本大学理事長の田中英壽らより化粧まわしと明荷が贈られ、「日本大学で培った精神力で卒業生の名に恥じないよう、上位をめざしたい」と抱負を語った<ref>[http://www.nihon-u.ac.jp/2010/10/360/ 明瀬山関(新十両)に化粧廻し贈呈]日本大学ニュース 2010年10月26日</ref>。
 
===十両昇進から幕内昇進まで===