「渡辺譲」の版間の差分

編集の要約なし
(リンク3個付加)
タグ: 2017年版ソースエディター
 
== 経歴 ==
[[四谷]]に生まれる。父は[[幕臣]]の渡辺升である。1880年、議院建築設計コンペで知られる[[工部大学校渡辺福三]]造家学科を卒業(第2回生)し、卒業後工部省技手、つづいて内務省営繕課技手となった
 
1880年、[[工部大学校]]造家学科を卒業(第2回生)し、卒業後は工部省技手、つづいて内務省営繕課技手となった。<br>
1886年から1887年、内閣臨時建築局技師となり、[[官庁集中計画]]の一環で[[妻木頼黄]]らとともにドイツへ留学する。シャルロッテンブルグ工学大学で学ぶ。1887年から欧州各国を視察(1890年まで)。
 
1888年(明治21年)に帰国後、裁判所(大審院建築主任、工事部勤務(1891年まで。他に学習院、海軍省(コンドル設計)、帝国ホテルの建設に携わった。一時官職を離れ、[[清水建設|清水組]]技師長を務めた(1891-1894年)。
 
1888年(明治21年)、帰国後裁判所建築主任、工事部勤務(1891年まで)。
 
[[日清戦争]]直前の1894年、海軍の建築技師になり、海軍省海軍技師呉鎮守府経理部建築科長として呉のドック建設に当たった。後に技師最高位の海軍工務監に昇進する。1899年、工学博士号を取得。
1900年 (明治33年) 欧米出張。1901年、舞鶴鎮守府経理部建築科長任、1904年には[[辰野金吾]]に代わり1年間建築学会会長に就任。1905年横須賀海軍経理部建築科長兼任。1908年 (明治41年) 海軍経理学校教官(兼任) 。
 
1911年に海軍を辞し、同年7月8日、宮内省より[[錦鶏間祗候]]を拝命した<ref>『官報』第8414号、明治44年7月10日。</ref>。1918年退官し、同年から[[浅野総一郎]]に請われ[[浅野造船所|浅野造船]]および[[浅野財閥|浅野関連]]の建築顧問を務めたという。
 
== 栄典 ==
==参考文献==
*「故前会長正員工学博士 渡辺譲君、渡辺博士を弔ふ」『建築雑誌』1930
*『大日本工学博士録』井関九郎編 発展社出版部1930[https://www.dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1136216/286]
* 長谷川堯『日本ホテル館物語』プレジデント社1994